God Bless!!

【阪神タイガース応援ブログ】
タイガース情報や観戦日記を更新してます!
 9 マートン
  【2012年】 打率.250
  試合数86 打数332 安打83
  本塁打4 打点26 得点36
  四球11 死球0 盗塁2
  (7/31 現在)

  【2011年】 打率.311
  試合数142 打数579 安打180
  本塁打13 打点60 得点66
  四球24 死球1 盗塁6
  (最多安打/ベストナイン)

  【2010年】 打率.349
  試合数144 打数613 安打214
  本塁打17 打点91 得点105
  四球47 死球3 盗塁11
  (最多安打/ベストナイン/特別賞)










新井&金本ら主役連打で快勝
新井&金本ら主役連打で快勝

 「阪神7‐2ヤクルト」(31日、甲子園)

 阪神が新井の同点打、金本の勝ち越し打で2連勝した。

 2点を追う四回、1点を返すと、五回1死二塁から新井が同点の二塁打。続く金本が勝ち越しの適時三塁打を放った。さらにマートンの二塁打で1点、代打ブラゼルの適時打で計4点を奪った。六回には2死満塁から新井良が2点適時打を放って突き放した。

 お立ち台は新井と金本。新井は「とにかくランナーを帰そうと思った。(打った)感触はよかった。甘い球をひと振りで仕留められた」と振り返り、金本の勝ち越し打には「今さら何も申し上げることはございません」。それを受けた金本は「あそこで新井が打つとは思っていなかったので2アウト二塁で回ってきたらどうしようかと思ったが、同点にしてくれたので楽に打席に立てました」と返し、スタンドを沸かせた。三塁打には「年が年なので本当に疲れました。(適時打が続いた勝利には)今まで打つほうの調子が上がらなかったが、何とか波に乗っていけると思う」。今後の戦いについて新井は「明日もタイガースらしいゲームをして、球場に来てくれるファンに喜んでほしい」と話し、金本は「ロードに出るまでの2試合で勢いをつけて、帰ってくるときには順位を2つ3つ上げていたい」と巻き返しを誓った。

 ヤクルトは初回に畠山、松井淳の適時打で2点を先制。しかし先発の石川が4回1/39安打4失点で8敗目(6勝)を喫した。
(デイリースポーツ)

7/31(火) 公式戦 神 7 − 2 ヤ (甲子園)
今日のヒーロー(新井、金本)

6 (右左) マートン 3 2 1 (2三振/4中安/5右2/6四球)

阪神公式>ニュース>
「ビジターFC応援デー」日程決定
2013年度ファンクラブ会員募集
「T-magazineNo.3」のお届けについて


  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(1)  trackbacks(1)

連敗を7で止める
本塁打攻勢で連敗を7で止める

 「阪神9‐2DeNA」(29日、甲子園)

 阪神が本塁打攻勢で14日のヤクルト戦以来、15日ぶりに勝ち、連敗を7で止めた。

 0‐1の四回は、鳥谷が中越え逆転4号2ラン、新井良の中越え5号3ランで一挙5点を奪った。六回はマートンの4号ソロ、七回は新井の5号2ランで加点。九回にも1点を加えた。能見は7回2失点(自責1)で6勝目(7敗)。八回を福原、九回は藤川が締めた。

 逆転2ランの鳥谷は「チャンスだったので何とか返したいという気持ちがたまたまホームランになって良かった」と振り返った。七回に兄が5号2ランを放ち、1981年のリー兄弟(ロッテ)以来、プロ野球史上31年ぶりとなる兄弟アベックアーチとなった新井良は「チームが勝ってよかったです。最近、まったく打てないしエラーはするわで最悪だったので、まぐれですけど打てて良かった」と話した。

 DeNAは先発の三浦が6回7安打6失点で5敗目(8勝)。
(デイリースポーツ)



7/29() 公式戦 神 9 − 2 ディ (甲子園)
今日のヒーロー(鳥谷、新井良)

6 (右左) マートン 3 2 1 (2一ゴ/4左2/6中本/7四球)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(1)

5シーズンぶりの7連敗
5シーズンぶりの7連敗で借金14

 「阪神1‐3DeNA」(28日、甲子園)

 阪神が今季初、07年9月以来、5シーズンぶりの7連敗で借金は14となった。

 先発・岩田が初回1死二、三塁からラミレスの適時打で先制点を許し、さらに中村の三ゴロの間に2点目を奪われた。三回には1死三塁から三塁・新井良の野選で3点目を許した。岩田は7回2/3を投げ、3失点(自責1)で10敗目(5勝)を喫した。

 打線は六回2死三塁から新井貴の左前適時打で1点。2点を追う九回は2死一、二塁で代打・金本が右飛に倒れた。

 DeNAは連勝。先発・藤井は5回2/3を投げ、1失点で5勝目(2敗)。「昨日(27日)勝っていたので連勝につなげなければと思ってました。右打者なら外目低めの原点へしっかりした球が投げられました」と話した。
(デイリースポーツ)

7/28() 公式戦 神 1 − 3 ディ (甲子園)
5 (左) マートン 4 1 0 (2中飛/4中飛/6三振/9中安)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

今季2度目の6連敗
泥沼の阪神、今季2度目の6連敗

 「阪神1‐5DeNA」(27日、甲子園)

 阪神が今季2度目の6連敗。三回、先頭の鳥谷が右中間三塁打を放つと、続く大和の左翼線適時二塁打で1点を先制した。しかし、その後、無死一、三塁とチャンスを広げながら、新井が見逃し三振、マートンが三ゴロ併殺に倒れた。1‐3とされて迎えた七回には無死一、二塁の反撃機をつくったが、鳥谷、大和、新井良が凡退。ドラフト1位の伊藤隼は自身初の1試合2安打を放った。

 スタンリッジは6回を7安打3失点で6敗目(5勝)。1‐0の六回、2死一、二塁から代打・小池に左越えに逆転3ランを浴びた。

 横浜は3‐1の七回、渡辺直の適時打で加点。九回には筒香が押し出し四球を選んだ。先発の高崎は8回9安打1失点で4勝目(7敗)。

 代打逆転3ランの小池は「浜風が吹いているので、レフトは結構入るなというのがある。風に乗ってホームランが打てました。いいところで使ってくれた監督に感謝した。(チームが)一番下なので、何とか上位をいじめて一つでも上に行きたい」と話した。
(デイリースポーツ)

7/27(金) 公式戦 神 1 − 5 ディ (甲子園)
5 (右) マートン 4 0 0 (2二ゴ/3三併/6投ゴ/8三振)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

5連敗で借金12
今季4度目の5連敗で借金12

 「中日4‐1阪神」(26日、ナゴド)

 阪神が今季4度目の5連敗を喫し、借金12となった。

 五回に2死二塁から鳥谷の適時二塁打で先制したが、その裏、先発の久保が堂上剛に適時打を許し同点。六回には1死一、三塁から、2番手・筒井が森野に右前へ適時打を打たれ、勝ち越された。八回には福原が、谷繁に通算3000塁打となる2号2ランを左翼へ運ばれた。

 中日は3連勝。勝ち越し打の森野は「犠牲フライになればと思ったがヒットになって良かった。前半戦はファンの皆さんをがっかりさせたけど、後半戦は頑張りたい」と話した。

 先発・ソトに代わり、六回から登板の2番手・山井が3勝目(3敗)。「同点だったので塁に出さないように点を与えないようにと思った。いい集中力で投げられた」と振り返った。
(デイリースポーツ)

7/26(木) 公式戦 中 4 − 1 神 (ナゴヤD)
6 (右左) マートン 4 1 0 (2左2/4二併/7左飛/9二ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

4連敗で借金最多の11
5度目の4連敗で借金最多の11

 「中日6‐0阪神」(25日、ナゴド)

 阪神が今季5度目の4連敗を喫し、借金は今季最多の11となった。ナゴヤドームでは昨年の8月31日から7連敗。先発の先発メッセンジャーは4回2/3を4失点(自責3)で9敗目。四回に1点を先制されると、五回は遊撃・鳥谷の失策も絡み、和田に2点適時三塁打を右中間に打たれ、山崎の左犠飛で4点目を失った。

 打線は中日先発吉見の前に凡打の山を築き、今季11度目の完封負けを喫した。

 中日は四回2死三塁で森野が先制右前適時打。五回にも3点を奪い、八回は柳田、井端の連続適時打で突き放した。先発の吉見は尻上がりの内容で、昨年10月13日のヤクルト戦以来となる完封で7勝目。

 吉見は「大分前からここで投げると言われていたので、しっかり調整して責任感を持って投げました。集中力とモチベーションだけしっかり持ってといつも思っているのでそれがはまったかな」と話した。
(デイリースポーツ)

7/25(水) 公式戦 中 6 − 0 神 (ナゴヤD)
6 (右) マートン 3 2 0 (2中安/5左2/7中飛)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

平野、復活への希望3戦連続H
平野、復活への希望3戦連続H

 マツダオールスターゲーム第3戦(23日、全パ6−2全セ、盛岡)派手さはなくとも、いぶし銀の活躍が光った。全セの阪神・平野がオールスターで3戦連続安打をマーク。みちのくの舞台で存在感を示した。

 「素晴らしいメンバーとプレーできるのは幸せ。選んでいただいたファンの方に感謝です」

 「2番・二塁」の“定位置”でスタメンに名を連ね、見せ場は三回二死走者なしだった。2番手・塩見(楽天)の初球の真っすぐをジャストミート。鋭いライナーではじき返した打球は中前で弾んだ。昨年は1度も快音を響かせられなかったが、10年(2試合)のブラゼル、昨年のマートンに続き、虎戦士で3年連続の球宴全試合安打。打率・500(6打数3安打)と好結果を残した。

 岩手県営球場には懐かしい空気が流れていた。オリックス時代の2005年7月12日の楽天戦。プロ4年目に唯一、グラウンドを踏んでいた。「(大学野球の)日米(野球)でも来たかなあ…」。それでも、試合前の準備はおろそかにしなかった。セ・リーグでは誰よりも早く打球捕を行い、地方球場独特の土のグラウンド状態を確認。すべては全力プレーをするためだ。スタンドには東日本大震災の被災地の野球少年ら約2400人が招待されていた。1人のプロ野球選手として、一切手を抜くことなくあるべき姿を届けた。

 「本当にチームのためにファンのために全力で頑張っていきたい」

 初めてファン投票で選出された3年連続4度目の祭典はあっという間に終わった。チームでは7月に打率・083(48打数4安打)と苦しんだが、心身ともにリフレッシュ。虎のガッツマンが後半戦で再加速する。
(サンケイスポーツ)

7/23(月) 球宴(第3戦) 全パ 6 − 2 全セ (盛岡)

最優秀選手賞 陽(日)
敢闘選手賞 中田(日)、岸(西)、畠山(ヤ)
HRダービー 阿部(巨)


阪神公式>ニュース>
オールスターゲームで選手達が活躍!

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

球児、バースデー球宴締めた
貫禄3人斬り!虎・球児、バースデー球宴締めた

 マツダオールスターゲーム第2戦(21日、全セ4−0全パ、松山)バースデー快投や!! 4−0の九回に登板した阪神・藤川球児投手が2Kを含む3人斬りで最後を締めた。この日が32回目の誕生日。「戻れるなら22歳に戻って、投げたい」と特別な日に照れたが、火の玉ストレートは健在。5位に低迷する和田虎の巻き返しのために、後半戦はフル回転で頑張ってや!!

 豪華絢爛リレーの守護神はやはり、この男がお似合いだ。蒸し暑い松山の夜をスカッとさせる3人締め。藤川が32歳の誕生日を自ら祝う快投でスコアボードに9個目のゼロを点灯させた。

 「最後(の1球)は疲れたから、横から投げたわ。いつまでも決まりそうになかったからね」

 茶目っ気たっぷりに振り返った登板は4点リードの九回だ。まずは先頭の代打・糸井(日本ハム)をオール直球勝負で空振り三振。前夜(20日)に先頭打者弾を放った陽岱鋼(日本ハム)はカウント1−2から低めのフォークで空転させた。角中(ロッテ)も2球で追い込み、球場のボルテージとともに高まる3連続Kへの期待…。

 しかし、4球続けてファウルで粘られ、苦笑いを浮かべた。そして、横手気味のフォームから繰り出した真っすぐで右飛に仕留めて、ゲームセットだ。最後はバテた? ものの、最速148キロを計測した“火の玉”でスタンドを沸かせた。8年連続で出場した球宴の通算成績は11試合で防御率0・85(10回2/3)、14三振。パの強打者たちを相手にこの数字は圧巻だ。

 「自分の誕生日は全然、興味がない。みんなが声をかけてくれたけど、いらないね(笑)」

 この日が自身32回目のバースデー。祝福する声に感謝しながらも、戸惑った。「戻れるなら、22歳に戻って、もっと元気に投げたい。年を重ねると経験値は上がるけど、ボール(の威力)は落ちてくるから」。

 1999年にドラ1位で入団したが、度重なる故障の影響で脚光を浴びたのはプロ6年目の24歳からだ。そんな過去の苦い思いがあるからこそ、体のケアには人一倍気を使っている。

 ベテランの域に入ったいま、専属トレーナーとの契約を結び、毎日2時間近く、マッサージとストレッチを行い、体をほぐす。サプリメントの摂取や半身浴をはじめ、体調管理への努力は怠らない。現状、6月中旬に負傷した右ひざの状態も万全ではないのが現実。だからこそ、若さへの憧れを持っている。1年でも長く最前線でプレーしたいと思っている。

 「あさって、投げたら三振を3つ取りたい! たぶん、投げないから言うけど。後半戦のいいきっかけになればいい」

 球児流のジョークを言い放ち、帰りのタクシーに乗り込んだ。リーグ5位からの巻き返しへ、背番号「22」の存在は欠かせない。真夏の祭典で弾みをつけて、勝負の後半戦に向かう。
(サンケイスポーツ)

鳥谷、二塁で美技魅せた!

 マツダオールスターゲーム第2戦(21日、全セ4−0全パ、松山)野球の神様に愛されているのだろう。吸い寄せられるように阪神・鳥谷めがけて白球が飛んだ。プロ入り後初の二塁守備。虎不動の遊撃手であり、昨年のゴールデングラブ男が、いつもとは違う仕事場で、踊るようなグラブさばきと、はじける笑顔を見せた。

 「見える角度が全然違うので、違和感はありました。1球飛んでくるまでは大丈夫かなと思ったけど、飛んできてからはね。本職のショートだったきのうは、全然、飛んでこなかったのに」

 プレーボール直後から出番だ。一回先頭の聖沢(楽天)、続く角中(ロッテ)と続けて2球ゴロを処理すると、二、三回は飛球をキャッチ。フルイニング出場した1戦目(京セラD)の守備機会は4度。追いつくと、中盤に見せ場だ。

 四回一死で、中島(西武)の二塁ベース付近への鋭い打球を華麗にさばいた。逆シングルで捕球し、即座に反転して送球。スタンドを沸かせると、五回は自身も興奮のプレーだ。一死一、三塁で、田中賢(日本ハム)の放った打球を二塁へトス。お手本のような4−6−3の併殺を完成させると、坂本(巨人)に駆け寄り笑顔でグラブタッチ。6度の守備機会を無難にこなし、いつもはクールな男が、大はしゃぎだった。

 “予習”を生かした。試合前に二塁の位置でノックを受けた際、坂本と話し込んだ。

 「きのう二塁を守ってたでしょ。(送球の)角度が合わないとか、そんな話をした」。助言を受けると試合での“密約”を交わした。「(内容は)いえないですけど、ありました」。球宴ならではを思う存分楽しんだ。

 「シーズンでどうかは分からないけど、セカンドといういい経験ができた」。試合後の笑顔に充実感が漂う。守備と笑顔で2戦目を彩った。
(サンケイスポーツ)

7/21() 球宴(第2戦) 全セ 4 − 0 全パ (松山)

最優秀選手賞 前田健(広)
敢闘選手賞 坂本(巨)、野村(広)、明石(ソ)
HRダービー ペーニャ(ソ)


  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

MVPは阪神・中谷
全ウ完勝! MVPは阪神・中谷

 フレッシュオールスターゲーム2012(19日、イースタン0−4ウエスタン、ハードオフ新潟)ウエスタン・リーグ選抜の指名打者で先発出場した阪神・中谷が4打数2安打3打点の活躍で、試合の最優秀選手(MVP)に選出された。

 0−0で迎えた四回表、全ウは四球と川端(オリックス)の右安打で二死一、三塁と好機をつかむと、中谷が4番手・田原(巨人)から右適時打を放ち先制。さらに六回一死一、二塁から中谷の三ゴロが相手のエラーを誘い、2点目を入れた。

 八回には川端、伊藤隼(阪神)の連打から二死一、二塁とチャンスを広げると、中谷の右中間を破る2点三塁打でリードを4点とし、8投手の継投で全イ打線を6安打完封した。

 優秀選手賞には川端、武田(ソフトバンク)、中村(日本ハム)、榎本(楽天)が輝いた。
(サンケイスポーツ)

7/19(木) フレッシュ球宴 全イ 0 − 4 全ウ (新潟)

最優秀選手賞 中谷(神)
優秀選手賞 武田(ソ)、川端(オ)、中村(日)、榎本(楽)


阪神公式>ニュース>
オールスターゲームに4選手が出場!
フレッシュオールスターMVPに中谷選手


 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

前半最終戦
前半最終戦は逃げ切れず引き分け

 「阪神2‐2巨人」(18日、甲子園)

 阪神は三回に2点を先制したが、逃げ切れずに引き分けた。32勝42敗9分け、首位・巨人と15ゲーム差で前半戦を終えた。

 三回1死一、三塁、新井の左前適時打で先制。金本も左翼線への適時二塁打で続き2点目を奪った。先発のメッセンジャーは五回まで無失点と好投したが、六回に1点を失い、結局6回2/3を8安打2失点だった。

 巨人は1‐2の七回、坂本が同点左前打。沢村は6回7安打2失点。
(デイリースポーツ)

7/18(水) 公式戦 神 2 − 2 巨 (甲子園)
1 (右左) マートン 5 2 0 (1二ゴ/3左安/4三ゴ/6一ゴ/8中安)

阪神公式>ニュース>
フレッシュオールスター4選手に期待!
和田豊監督が前半戦を総括


 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(2)

3連敗で借金10
3連敗で借金10、巨人は貯金20

 「阪神3‐4巨人」(17日、甲子園)

 阪神は岩田が序盤に打ち込まれて3連敗し、借金が2011年6月8日以来の「10」に達した。一方巨人は2連勝で貯金「20」。2009年リーグ優勝時以来の大台に到達した。

 岩田は初回、長野の安打などで1死満塁にされると、阿部の適時打で2点を献上。三回には、無死一塁から、坂本に8号2ランを浴びた。立ち直れないまま4回6安打4失点で降板。9敗目(5勝)を喫し、自身の連敗は4となった。

 打線は四回、ゴロの間に1点を返すと、続く五回、新井が村田のエラーで出塁。2死二塁から新井良が4号2ランを放って1点差に追い上げた。続いて「7番・中堅」で3度目のスタメンとなったルーキーの伊藤隼がプロ初ヒットを放つが、二盗を試みて刺された。

 巨人は先発ゴンザレスが4回2/38安打3失点で降板したが、中継ぎ陣が阪神の追撃を断った。価値ある2ランを放った坂本は「行くかなと思ったけど、うまく風に乗った。結果的にすごい大事な2点になってよかった」。貯金20には「あまり気にせずに一戦一戦戦いたい」と話した。
(デイリースポーツ)

伊藤隼がプロ初安打

 「阪神‐巨人」(17日、甲子園)

 プロの第1歩を踏み出した。4月1日のDeNA戦以来、「7番・中堅」で先発出場した伊藤隼が、新井良の4号2ランで1点差に迫った五回、2死から、通算9打席目にしてプロ初安打となる右前打を放った。

 記念のボールは巨人・坂本から、関川一塁ベースコーチに渡った。次打者・今成の3球目に二盗を狙ったが、惜しくも二塁手前でアウトになり、プロ初盗塁はならなかった。
(デイリースポーツ)

7/17(火) 公式戦 神 3 − 4 巨 (甲子園)
1 (右) マートン 5 1 1 (1三ゴ/3中安/4三ゴ/6三ゴ/9三振)

阪神公式>ニュース>
榎田投手オールスター出場辞退について
ファーム6度月間MVPに森田一成選手
伊藤隼選手、プロ入り初ヒット!


 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(0)

10度目の完封負け
巨人に完敗 10度目の完封負け

 「阪神0‐2巨人」(16日、甲子園)

 阪神が今季10度目の完封負け。先発のスタンリッジは打線の援護なく6回を6安打2失点で5敗目。走者を出しても粘ったが、被弾した1球に泣いた。

 巨人は二回1死一塁、エドガーが左越えに3号2ランを放ち先制した。先発の内海は変化球を低めに集める好投。八回2死一塁で代打・ブラゼルに死球を与えたところで2番手の山口と交代。山口が一、二塁のピンチをしのぎ、内海は7回1/3を無失点で8勝目。九回を締めたマシソンが9セーブ目。

 内海は「9連戦の最後の3連戦なので、チームのために貢献できるよう頑張りました。きょうは真っすぐがよかった。山口、マシソンにつなげるよう頑張った。しっかり投げてよかった」と振り返った。
(デイリースポーツ)

7/16() 公式戦 神 0 − 2 巨 (甲子園)
1 (右) マートン 3 0 0 (1三振/3三ゴ/6四球/8右飛)

阪神公式>ニュース>
阪神-巨人OB戦の開催について


 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

サヨナラ勝ちの翌試合で4連敗
サヨナラ勝ちの翌試合で4連敗

 「阪神2‐5ヤクルト」(15日、甲子園)

 阪神がサヨナラ勝ちの翌試合で、今季4連敗目を喫した。

 阪神の先発・能見は初回、先頭・ミレッジに左中間へ11号ソロを浴び、二回は2死満塁で田中に適時内野安打を許して2点目。続く三回は畠山に左翼へ7号ソロを打たれ、3回3失点で降板した。

 六回は3番手の渡辺が2死満塁から田中の投手強襲安打で4点目。七回は4番手・加藤が連打で5点目を奪われた。

 打線は0‐1の初回に無死満塁から新井貴、金本の連続犠飛で一時は逆転に成功。

 ヤクルト打線は計15安打。先発・村中は2失点完投で5勝目(3敗)を挙げた。
(デイリースポーツ)

7/15() 公式戦 神 2 − 5 ヤ (甲子園)
1 (右) マートン 4 1 0 (1右安/2二ゴ/5二併/8三ゴ)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

20日ぶり連勝
鳥谷がサヨナラ二塁打 20日ぶり連勝

 「阪神3‐2ヤクルト」(14日、甲子園)

 阪神が延長十回サヨナラ勝ち。20日ぶりに連勝した。2死から大和が内野安打で出て、続く鳥谷がヤクルト・山本哲から左線へ適時二塁打を放ち、一塁から大和が一気に生還した。

 ヒーローの鳥谷は「打てて良かった。還すというより後につなげようという気持ちだった。飛んだところが良く、サヨナラという形になって良かったです。(主将として)どんな形でも試合に勝てるようにしたい。オールスターまで残り4試合、すべて勝つつもりで選手はやります」と、冷静な中にも熱い気持ちを込めて話した。

 阪神は0‐0の五回2死一、三塁から今成、久保の連続適時打で2点を先制。先発の久保は7回無失点。二回と四回は1死満塁のピンチをともに併殺で切り抜けた。しかし、八回に登板の2番手・榎田が畠山に6号2ランを浴びて同点に追い付かれた。
(デイリースポーツ)

平野が通算1000試合出場を達成

 阪神・平野恵一内野手が14日、甲子園でのヤクルト戦で通算1000試合出場を果たした。

 五回裏が終わって試合成立となると、六回表の守備につく前に場内にアナウンスされ、拍手と歓声に包まれながら一塁ベンチ前で花束を受け取り、スタンドに向かって頭を下げた。

 オリックスでは6年で393試合、阪神では5年で607試合に出場。阪神在籍時の達成は32人目となる。
(デイリースポーツ)

7/14() 公式戦 神 3 − 2 ヤ (甲子園)
今日のヒーロー(鳥谷)

1 (右) マートン 5 0 0 (1二ゴ/4二直/5一邪/8三振/10捕邪)

阪神公式>ニュース>
平野選手、通算1000試合出場達成!


  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

ブラゼル、ずぶ濡れ
ブラゼル、ずぶ濡れ ファンサービスのスライディング

 今季、本拠地で初の雨天中止が決まると、名残を惜しむファンに阪神のブラゼルがパフォーマンスを披露した。

 新井良のユニホームに身を包んでグラウンドに現れると、右打席でしぐさを物まねしながらスイング。裸足のまま一塁に駆けだしてヘッドスライディングした。

 背番号32のユニホームを泥だらけにした左の大砲は「体に合うのが彼しかなかった。野球以外も楽しまないと」とにっこり。被害?を受けた新井良は「自分もやりたかった? いえ、別に。思わないです」と苦笑いしていた。
(産経新聞)

7/13(金) 公式戦 神 − ヤ (甲子園) →雨天中止雨

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

藪以来の新人から2年連続球宴へ
榎田、藪以来の新人から2年連続球宴へ

 マツダオールスターゲームでセ・リーグの指揮を執る中日・高木守道監督(70)が12日、左第2中手骨の骨折で辞退するトニ・ブランコ内野手(31)に代わって、阪神の榎田大樹投手(25)を選出することを明かした。新人から2年連続での球宴出場は、チームでは藪恵壹(現投手コーチ)以来、17年ぶりの快挙だ。

 甲子園の外野芝生にいた榎田の視界に中日・高木監督が入ると、和田監督と一緒に駆け寄って笑顔で握手を交わした。要請に榎田は「喜んでやらせていただきます」と意思を伝えたもようで、2年連続での球宴出場が内定した。

 ブランコが左手甲の骨折で出場辞退となり、投手の人数が不足気味だったことから左腕に白羽の矢が立った。選出理由について高木監督は「ホールドで頑張ってくれているから。初戦は大阪でもあるし」と語り、「初戦の京セラドームで投げさせる」と起用方針も明かした。能見や、右膝の状態を見ながらの登板になる藤川とのリレーも実現する可能性が高い。

 この日、榎田は八回から2番手で登板したが、2死満塁のピンチを招いたところで降板。「僕の準備ができていなかった。福原さんに助けてもらいました」と高木監督の前で“御礼投球”とはならなかったが、2年連続の夢舞台で進化した姿を披露する。
(デイリースポーツ)

阪神公式>ニュース>
オールスター監督推薦で榎田投手が選出


 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

5カードぶり勝ち越し
5カードぶり勝ち越し メッセ5勝

 「阪神4‐1中日」(12日、甲子園)

 阪神が五回までに4得点し、5カードぶりに勝ち越し。中日とのカードで今季初めて勝ち越した。

 先発・メッセンジャーは7回無失点で5勝目(8敗)。二回は無死満塁のピンチを併殺などで切り抜けた。メッセンジャーは「(二回は)1点を覚悟したが幸運にも0点に抑えられた。長い間コントロールに苦しんできたが、今日は良かった。それが勝てた要因」と振り返った。

 阪神は初回、鳥谷の適時打で先制。四回は新井良の適時二塁打で2点目。五回には大和の適時打と鳥谷の犠飛で2点を追加した。フェンス直撃の二塁打を放った新井良は顔の汗を光らせながら、「芯に当たったので越えてくれと思いながら走った。まだまだ実力がないので、1日1日必死に頑張ってます。(お立ち台からの眺めは)最高ですね」と声を弾ませた。

 阪神は八回に2番手・榎田が走者を出し、3番手・福原が井端に適時打を許して1点を失ったが、九回は藤川が抑えた。

 中日はこの日1軍復帰の山本昌が先発し、5回4失点で2敗目(2勝)。
(デイリースポーツ)

7/12(木) 公式戦 神 4 − 1 中 (甲子園)
今日のヒーロー(メッセンジャー、新井良)

1 (右左) マートン 4 2 0 (1右2/3中飛/5右2/7三振)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

2年目・大野に初勝利を献上
中日2年目・大野に初勝利を献上

 「阪神1‐2中日」(11日、甲子園)

 阪神が1点差負けを喫した。

 先発・岩田が初回、先頭の平田に本塁打を浴び、さらに井端の適時二塁打で2点目を許した。

 阪神はその裏、無死二、三塁から鳥谷の内野ゴロの間に1点を返したが、二回以降は中日の2年目・大野を攻めあぐねた。

 大野は五回途中1失点でプロ入り初勝利。「僕の後のピッチャーの方が抑えてくれて感謝しています。(ウイニングボールの贈り先は)母親ですかね。女手一つで育ててくれたので恩返しできたかなと思います」と喜びをかみ締めた。

 阪神・岩田は7回2失点で8敗目(5勝)
(デイリースポーツ)

7/11(水) 公式戦 神 1 − 2 中 (甲子園)
1 (右左) マートン 4 1 0 (1右安/2三ゴ/5左飛/7三振)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

連敗脱出 新井V打&球児締めた
連敗脱出 新井V打&球児締めた

 「阪神1‐0中日」(10日、甲子園)

 阪神が新井の二塁打で奪った先制点を完封リレーで守りきり、7月初勝利を挙げ、連敗を6で止めた。九回は6月17日(ロッテ戦)以来、23日ぶりに登板した藤川が締めた。

 三回、マートンの左中間二塁打などで2死一、三塁とすると、新井の右翼線にポトリと落ちる適時二塁打で先制。投手陣は先発スタンリッジが6回8安打無失点。筒井、6月29日(ヤクルト戦)以来の登板となった福原、榎田とつなぎ、最後は藤川が1死満塁のピンチをしのいで貴重な1点を守りきった。

 スタンリッジは5月25日以来の5勝目(4敗)。「何とか連敗を止めようと強い気持ちだけ持っていた。(捕手の)今成がしっかりリードしてくれて、ランナーを出しても切り抜けることができた」と振り返り、1カ月半ぶりの白星には「長かったという気持ちはあるが、チームが勝つことを考えていたので良かった」。和田監督は「福原、藤川が戻って、リレーができるようになった。(9連戦初戦だが)何とか連敗を止めるため、きょうはみんなに頑張ってもらった。やっと本来の勝ち方ができた。明日からまたしっかりと」と話した。

 中日は連勝が3でストップ。吉見が7回1失点と好投したが、援護がなく4敗目(5勝)を喫した。
(デイリースポーツ)

7/10(火) 公式戦 神 1 − 0 中 (甲子園)
今日のヒーロー(スタンリッジ)

1 (右) マートン 4 3 0 (1投ゴ/3左2/5右安/7右安)

阪神公式>ニュース>
球団選定6月度月間MVPに平野恵一選手


  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

3連敗で5位転落…
また守乱!3連敗で5位転落・・・

 「阪神1‐3広島」(4日、松山)

 阪神が3連敗で借金が6となり、5位に転落した。先発・岩田は味方守備の乱れもあり7回4安打2失点(自責1)で7敗目。打線は2点を追う四回、先頭・新井の右中間二塁打から1死三塁とし、ブラゼルの内野ゴロの間に1点を返すのが精一杯だった。

 広島は3連勝で阪神に代わり4位に浮上。三回、岩本が先制適時打。四回には相手失策と暴投で加点した。六回途中1失点で今季初勝利の今井は「あまり調子はよくなかったけど、粘り強く石原さんのサイン通り投げられたのが良かった。シュートと真っすぐを効果的に使えた」と話した。
(デイリースポーツ)

7/4(水) 公式戦 神 1 − 3 広 (松山)
1 (右) マートン 4 0 0 (1三振/3中飛/5三振/8二ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(0)

2点リードの9回2死から、
2点リードの9回2死から、まさか・・・
“振り逃げ”で逆転負け

 「阪神3‐4広島」(3日、松山)

 阪神が2点リードの9回2死無走者から3点を奪われ、逆転負けした。

 阪神は連敗で借金5。地方球場で過去5戦4勝のスタンリッジは6回1/3を投げ1失点。3‐0とリードした七回無死一、三塁から広島・広瀬の適時打で1点を返され、1死二、三塁の場面で降板。ここで2番手の筒井は石原、代打・前田智を連続三振に仕留めた。

 八回は渡辺が抑えたが、九回は榎田が2死から3連打で1点を失い、さらに二、三塁から、梵に対し、振り逃げとなる暴投によって2者がホームインし、逆転された。

 阪神は初回1死から平野、鳥谷、新井貴の3連打で先制。三回は2死一、二塁から金本の適時打で2点目を挙げた。さらに四回は2死二塁からマートンの適時打で1点を追加した。
(デイリースポーツ)

7/3(火) 公式戦 神 3 − 4 広 (松山)
1 (右左) マートン 5 1 1 (1三振/3三飛/4右安/6中飛/8二ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

能見、連勝して球宴行く!
能見、連勝して球宴行く!

 プロ野球のマツダオールスターゲーム2012の監督推薦選手が2日に発表され、新たに28選手の出場が決まった。初選出となった阪神・能見篤史投手(33)は5勝5敗と振るわない成績でのメンバー入りに複雑な気持ちを吐露。球宴前までに納得のいく成績を残し、初の夢舞台へ臨む。 

 プロ野球人あこがれの大舞台。そこに初めて足を踏み入れる。だが、無邪気に喜べない自分もいる。能見は煮え切らない表情で、オールスター初切符を受け止めた。

 「選ばれると思ってなかったし、成績もたいしたことなくて、気にもしていなかった。監督推薦なので意思とは関係ないところで選んでいただいて、びっくりです。複雑な思いの方が大きい」

 素直な気持ちだった。今季は5勝5敗、防御率3・13。満足のいく数字ではない。チームも4位に低迷。2年連続開幕投手のエースとして、勝利に貢献する活躍はできていない。その中で予想外の球宴初出場。この成績でなぜ? そんな思いが喜びを上回った。

 スッキリとした気持ちで祭典に臨むには何が必要か。答えは一つだ。初戦は20日(京セラD)。幸いにもまだ日にちはある。苦しい胸の内は自らの力で晴らせばいい。

 「そうできればいいですね」。球宴前までに7日の巨人戦(東京ドーム)、13日のヤクルト戦(甲子園)で登板予定。2試合で連勝すれば星は7勝5敗。さらに満足のいく投球ができれば、気分よくオールスターを迎えることができる。

 「何かを持っている人とか、ずば抜けている人が出るところなので、そういう意味では僕に照らし合わせると、もの足りないなと思う」

 プロ8年目で初出場。例年、この時期はオフだった。「子供のために時間をつくる予定だったんですけど…。すべてなくなりましたね」。計画していた旅行はキャンセル。思わぬ誤算が発生したが、出場する以上は、プロとして、全国の野球ファン、そして家族にも雄姿を届けたい。

 「できることをしっかりやりたいと思うし、いい姿をお見せできるようにがんばりたい」

 一流が集う夏の祭典。白星を積み上げ、胸を張って乗り込む。
(サンケイスポーツ)

阪神公式>ニュース>
オールスター監督推薦で能見投手選出

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

新井が勝ち越し打も逆転負け
新井が勝ち越し打も逆転負け

 「ヤクルト9‐5阪神」(1日、神宮)

 阪神は新井の勝ち越し打などで一度はリードしたが、投手陣が崩れて逆転負けした。

 2点を追う五回、無死満塁で鳥谷が2点適時打を放ち同点。続く新井の左前打で勝ち越した。さらに2点を加え、この回打者一巡の猛攻で5点を奪った。しかし、その裏に1点を返され、六回にはミレッジの適時打で失点、さらに田中の2号3ランで逆転された。先発・安藤は5回1/310安打6失点で降板、5敗目(3勝)を喫した。

 ヤクルトは先発の村中が4回0/37安打5失点と乱調だったが、中継ぎ陣が好投。3番手のフェルナンデスが来日初勝利を挙げた。逆転3ランを放った田中は「興奮で記憶がないけど、後悔しないよう思い切り振りました」と話し、フェルナンデスは「すごくうれしいです。この調子で頑張りたい。またよろしくお願いします」と笑顔を見せて大歓声を浴びた。
(デイリースポーツ)

7/1() 公式戦 ヤ 9 − 5 神 (神宮)
1 (右) マートン 5 2 0 (1中飛/2二ゴ/5右2/6中安/7中飛)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

鳥谷が先制弾、決勝犠飛
鳥谷が先制弾、決勝犠飛で連敗止める

 「ヤクルト4‐6阪神」(30日、神宮)

 阪神が競り勝って連敗を4で止めた。一回に鳥谷の3号ソロで先制。1‐1の二回にはブラゼルの8号ソロで勝ち越し。三回には平野、鳥谷のタイムリーで2点を加えた。4‐4の五回、1死一、三塁から鳥谷の右犠飛で勝ち越し。八回は藤井の右前打で加点した。今季初登板の先発・秋山は5回4失点で今季初勝利。

 本塁打を含む2安打3打点の鳥谷は「(先制ソロは)切れるかな、と思ったけど入ってくれてよかった。(決勝犠飛は)打て、のサインだったので思い切り行きました。1つずつ借金を返していって、シーズンの最後に笑えるように頑張ります」と話した。

 ヤクルトは先発・ロマンが5回5失点と乱調だった。
(デイリースポーツ)

6/30() 公式戦 ヤ 4 − 6 神 (神宮)
今日のヒーロー(鳥谷)

1 (右) マートン 5 3 0 (1中飛/3三ゴ/5遊安/7中安/9三安)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

金本の2500安打勝利で飾れず
金本の2500安打勝利で飾れず

 「中日4‐1阪神」(28日、ナゴド)

 阪神は金本が七回に右線二塁打を放ち、通算2500安打を達成したが、勝利で飾れなかった。

 阪神は今季初のカード3連敗で借金3。先発・メッセンジャーは三回1死三塁で和田の遊ゴロの間に先制点を献上。四回にマートンの3号ソロで同点に追い付いたが、七回には無死二、三塁から谷繁に右中間を破る2点二塁打を打たれ、さらに犠飛でこの回3点を追加された。メッセンジャーは7回4失点で7敗目(4勝)。

 首位・中日は4連勝。本拠地ナゴヤドームでの連勝を11に伸ばした。先発・岩田は7回1失点で4勝目(2敗)。打のヒーロー・谷繁は「追い込まれてどうしようと思い、待ってたら一番いい(甘い)ボールが来て打てました。(カード3連勝は)一つ一つ勝っていかかきゃいけない。その中の一つだと思っている」と話した。
(デイリースポーツ)





6/28(木) 公式戦 中 4 − 1 神 (ナゴヤD)
1 (右) マートン 4 2 1 (1左飛/4左本/6三振/8右安)

阪神公式>ニュース>
金本選手、通算2500本安打達成!
オールスター選手間投票で平野選手選出

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(0)

中日戦6連敗、守りのミスで自滅
中日戦6連敗、守りのミスで自滅

 「中日9‐4阪神」(27日、ナゴド)

 中日が3連勝。初回無死一、二塁で和田の二塁ゴロを平野が二塁へ悪送球する間に2点を先制。さらに暴投と堂上直の右前適時打でこの回4点を挙げた。三回には谷繁の適時二塁打で2点を追加。四回には井端の適時二塁打で1点、六回にも井端の適時二塁打で2点を加えるなど攻撃の手を緩めなかった。

 2本の中越え二塁打を含む3安打3打点の井端は「(点を取られた後、2度の適時打に)点を取られたら取り返すことで相手も諦めてくれる。(2本の中越え二塁打は)外野がなめて、前に守っていてくれたので、明日からはちょっと下がってくれると思う」と意地を見せた。

 阪神は中日戦6連敗で借金2。ナゴヤドームでは昨年から5連敗となった。拙守から失点を重ね、岩田は4回8安打、自己ワーストの7失点(自責2)で6敗目。打線は0‐6の四回に金本、大和の適時打で2点を返し、六回にも大和の適時打などで2点を返したが、失点に追い付かなかった。
(デイリースポーツ)

6/27(水) 公式戦 中 9 − 4 神 (ナゴヤD)
1 (右) マートン 4 1 0 (1三ゴ/3遊安/5遊ゴ/7三振)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

最短試合で中日に5連敗
最短試合で中日に5連敗

 「中日3‐1阪神」(26日、ナゴド)

 阪神は、初回に奪われた3点を返すことができず完敗し、再び借金1となった。これで中日戦は5連敗。ナゴヤドームでは昨年から4連敗。試合時間は2時間23分で、阪神の今季最短試合になった。

 先発スタンリッジは、5回3失点で4敗目(4勝)。被安打は3だったが、初回、堂上剛に打たれた2号3ランが重すぎた。打線は八回、三塁打で出塁した柴田をマートンが右前打で返したが、後続が倒れた。

 中日は2連勝。先発の吉見が8回5安打1失点で5勝目(2敗)を挙げた。吉見は「阪神打線は怖いので、気を抜かずに投げた」と話した。
(デイリースポーツ)

6/26(火) 公式戦 中 3 − 1 神 (ナゴヤD)
1 (右) マートン 4 1 1 (1遊ゴ/4中飛/6三直/8右安)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

鳥谷&平野セ最強二遊間
鳥谷&平野セ最強二遊間そろって投票1位

 アライバ超えで、名実ともにセ界最強二遊間だ! 阪神鳥谷敬内野手(31)はセ・リーグ最多得票でファン投票に選出され、06年以来の球宴出場を決めた。阪神遊撃手でリーグ最多得票を獲得したのは吉田義男(日刊スポーツ客員評論家)以来となる誉れ。二塁で選ばれた平野恵一内野手(33)とともに、今日26日からは荒木、井端が君臨する中日3連戦で苦手の竜に立ち向かう。

 猛虎が誇る鉄壁の二遊間コンビが、球宴ファン投票1位に輝いた。鳥谷が集めた29万3825票はセ・リーグ最多。阪神遊撃手の最多得票は、牛若丸吉田義男以来の快挙だった。野手キャプテンは、敵地名古屋に乗り込む日に飛び込んできた朗報を素直に喜んだ。

 鳥谷 選ばれて、うれしく思います。ファン投票で選ばれるというのは、野球選手として本当にうれしいです。

 ここまで64試合で打率2割5分4厘。失策は5ながら、正確かつ華麗な守備でアウトを積み重ねる。何より胸に光るCマーク。チームの先頭に立って戦い続けている姿が、野球ファンから認められた。

 今日から対戦する中日には荒木&井端、「アライバ」コンビと称される名手がいる。常勝チームを引っ張り、セ・リーグを代表する二遊間と呼ばれる。だが昨季はベストナインとゴールデングラブ賞を独占した鳥谷と平野が今回、ファン投票でもダブル1位。名実ともに、セ界最強二遊間の称号を手にする時が訪れた。

 鳥谷 1つでも多く二遊間でアウトを取りたいと思ってやっているので、それがつながってるのかなと思います。(球宴は)関西での試合もありますし、阪神を代表していくので、ファンの皆さんにいいプレーを見せたいと思います。いつも通りいいプレーを見せられるように全力でやっていきたいと思います。

 オールスターに弾みをつけたい今日26日からの長期遠征。中日戦は1勝4敗1分けと負け越し、ナゴヤドームでは2敗1分けと今年も鬼門のムードが漂う。リーグ戦再開の22日DeNA戦から3試合連続で無安打の鳥谷も、しっかりボール球を見極めて4四球を選んだ。2番平野、3番鳥谷のつなぎの攻撃が2戦連続のゲーム序盤の大量得点を呼んできた。

 2日の日本ハム戦に敗れてから背負い続けてきた借金はようやくなくなった。勝率5割からの再出発。竜たたきで波に乗り、貯金を増やす戦いの先頭に立つのは、セ界最強遊撃手だ。
(日刊スポーツ)

阪神公式>ニュース>
オールスターファン投票で藤川投手、平野選手、鳥谷選手が選出

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(3)  trackbacks(0)

球児復帰宣言 最短7・10
ファン投票1位球児復帰宣言 最短7・10

 右膝故障で戦線離脱している阪神藤川球児投手(31)が25日、復帰目標を7月20日からのオールスター前に設定した。ファン投票により、8度目の球宴出場が発表された。もし辞退となれば、球宴明けから10試合出場停止というペナルティーがあり、具体的な復帰目標は7月10日からの甲子園9連戦とみられる。多くの票をくれたファンと、優勝を目指すチームのために、藤川は球宴前復帰を目指す。

 戦線を離れ、鳴尾浜球場で汗を流している藤川に朗報が届いた。ファン投票によってオールスター出場が決まった。24万もの票を集めた。これまでも球宴で幾多の名場面を生み出してきた藤川だが、ことさらファン投票での選出にこだわりを見せた。

 「うれしいです。故障してファームにいますけど、1軍でプレーする野球選手は恵まれているし、幸せな時間。その中でオールスターは特別な時間です。特別な選手だと、ファンの方に感じてもらっていると思う。人と違うところを見せられればいい」

 当面の問題は、右膝大腿(だいたい)骨骨挫傷からの復帰時期だ。もし球宴に出場できなければ、後半戦スタートから10試合出場停止となってしまう。それを承知している藤川は選んでくれたファンのためにも、そして、チームのためにも、「球宴前」を目標に設定した。

 「オールスター前にできるだけ戻れるように。その後、10試合出場できない。一番悪いのは8月5日(に復帰がずれ込むこと)。そこになると大きくチームに迷惑をかける。そうならないようにと思っている」

 球宴前には7月10日から甲子園で9連戦が組まれている。現在は状態が良ければ、立ち投げを再開しようかという段階だが、この本拠地での大型連戦中に復帰するのが理想的。山口投手コーチも「その辺になりそうやけどな、予定は。間に合うことを期待しています」と話した。

 回復が間に合わなくても、球宴にさえ出場すれば、10試合出場停止は避けられる。ただ藤川は“ぶっつけ球宴”を否定した。

 「それはあまり…。いいものを見せられないまま、オールスターに出るのはどうか。チームに還元できていない状態で出るのは好きじゃない」

 あくまで、優勝を争うチームに貢献し、選んでくれたファンに満足してもらえるボールを投げられてこその復帰だと考えている。しかも今年は、昨年の東日本大震災で被災した岩手で球宴が開催される。

 「震災からは、まだまだ復興しきれているとは思っていない。せっかくの機会だし、今まで以上にいいものが出ればいい」

 チームだけでなく、球界における影響力の大きい守護神右腕。復帰への階段を上がる藤川には、特別なモチベーションがある。
(日刊スポーツ)

阪神公式>ニュース>
オールスターファン投票で藤川投手、平野選手、鳥谷選手が選出

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

5割復帰 安藤が3勝目
5割復帰 安藤が3勝目

 「阪神5‐2DeNA」(24日、甲子園)

 阪神が連勝で勝率を5割に戻した。

 阪神は初回、DeNA先発・三浦からマートンが先頭打者本塁打となる2号ソロを放ち先制。さらに金本、ブラゼルの適時打で3点のリードを奪った。

 二回は平野の1号ソロと新井貴の適時打で2点を追加した。

 この日1軍登録した安藤が九回1死まで投げ、2失点で3勝目(4敗)。最後は榎田が締めた。DeNA・三浦は6回5失点で4敗目(6勝)。
(デイリースポーツ)



6/24() 公式戦 神 5 − 2 ディ (甲子園)
今日のヒーロー(安藤、平野)

1 (右) マートン 4 1 1 (1左本/2中飛/4二ゴ/6中飛)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

新井が4番復帰も逆転負け
新井が4番復帰も逆転負け

 「阪神1‐2DeNA」(22日、甲子園)

 阪神は先制したが、逆転負けした。甲子園でのリーグ戦再開を飾れなかった。

 二回、5月3日(中日戦)以来の4番に復帰した新井が中前打。金本も左前打で続き無死一、三塁と好機を広げた。1死後、浅井の二ゴロの間に三塁から新井が生還し、1点を先制した。

 しかし、五回まで無失点に抑えていた先発のメッセンジャーが六回、2死一、二塁から筒香に逆転の2点適時三塁打を打たれた。

 DeNAは2連勝。先発の高崎が6回3安打1失点で3勝目(5敗)を挙げた。逆転の三塁打を放った筒香は「とにかく二塁ランナーを返すことを頭に置いていた。これからも、どんな形でもあきらめずに最後まで戦いたい」と話した。
(デイリースポーツ)

6/22(金) 公式戦 神 1 − 2 ディ (甲子園)
1 (右) マートン 4 0 0 (1遊ゴ/3一邪/5二ゴ/7三振)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

先発野手全員の16安打で連勝
先発野手全員の16安打で連勝

 「ロッテ5‐8阪神」(16日、QVC)

 交流戦最後のカードで、阪神が先発野手全員の16安打でロッテに先勝。2連勝で借金を1に縮めた。

 初回からロッテ・先発の香月を攻め、1死満塁からブラゼルの適時二塁打で3点を先制。二回は金本、新井貴、ブラゼルの主軸が3連続適時打を放って4点を追加。三回にも1点を加えた。

 先制打を含む3安打のブラゼルは「いいスタートを切れた試合だった。チームメートがつないでくれ、雨で(ロッテの)ピッチャーのチェンジアップが高めに浮いた球を打つことができた。今日は(先発野手)全員の16安打でチーム一丸で勝った1勝」と喜んだ。

 先発・メッセンジャーはロッテ・角中1人に2号ソロを含む3長打を浴び4点を献上したが、味方打線の援護により、6回4失点で4勝目(5敗)。筒井、榎田とつなぎ、九回は福原が登板。2死から3連打で満塁とされ、井口に押し出しの死球で1点を与えたが、最後はサブローを打ち取った。
(デイリースポーツ)

6/16() 交流戦 ロ 5 − 8 神 (QVCマリン)
今日のヒーロー(ブラゼル)

  打右左 マートン 2 0 0 (7遊ゴ/9三振)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

3点差逆転 最後は球児登板せず
3点差逆転 最後は球児登板せず

 「西武3‐4阪神」(14日、西武ド)

 阪神が3点差から逆転勝ちした。

 3‐3で迎えた九回。西武の抑え・ウィリアムスを攻め、金本、新井貴の連打とブラゼルの中飛で1死一、三塁とし、大和の投ゴロの間に代走の田上が生還して勝ち越した。

 阪神は二回までに先発・スタンリッジが、中島の先制5号ソロなどで3点を奪われたが、四回に新井良の適時打で1点を返し、六回は平野の適時打で2点目。七回は再び新井良がタイムリーを放ち、同点に追いついた。

 新井良は「ホント、チームが勝って良かったです。(1点目は)変化球を待ってて真っすぐに手を出してしまい、いいとこころに落ちてくれました」と話し、さらに二塁打で出た兄の新井貴を返した同点打には「それはあまり意識してませんでしたが、ライトスタンドのチャンスマーチがすごく大きく、テンションを上げて打席に入りました」と語った。

 先発のスタンリッジは5回2/3を3失点。筒井、榎田、中継ぎ陣が西武に追加点を許さず、九回は藤川ではなく福原が三者凡退に抑えた。勝利投手は榎田で2勝目。
(デイリースポーツ)

6/14(木) 交流戦 西 3 − 4 神 (西武D)
今日のヒーロー(新井良)

  打左 マートン 1 0 0 (8三振)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(5)  trackbacks(1)

岩田が8回無失点で5勝目
岩田が8回無失点で5勝目

 「阪神1‐0ソフトバンク」(11日、甲子園)

 阪神が連敗を2で止め、借金を2とした。岩田とソフトバンク山田の投げ合いで、七回終了まで両チーム無得点。岩田は四回から七回までパーフェクトに抑えるなど8回3安打無失点で5勝目。無四球8奪三振の好投だった。

 岩田は「勝つことだけを考えていた。攻めて攻めました。正直出来すぎだったと思う。一人一人抑えることに集中していた」と話した。

 打線は八回、先頭のブラゼルが右線二塁打で出塁。代走に田上が送られ、続く新井良の犠打で1死三塁とした。代打・関本の打席で、捕手の細川が三塁にけん制悪送球、田上が決勝のホームを踏んだ。九回を締めた藤川が12セーブ目。

 ソフトバンクは山田が力投したが、競り合いの中、失策が敗因となった。
(デイリースポーツ)

6/11(月) 交流戦 神 1 − 0 ソ (甲子園)
今日のヒーロー(岩田)

  打 マートン 1 0 0 (8中飛)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(1)

1点差で負け連敗 借金は3
1点差で負け連敗 借金は3

 「阪神1‐2ソフトバンク」(10日、甲子園)

 阪神が1点差で負け連敗。借金は3となり、今季交流戦の成績は6勝11敗2分け。残り5試合で勝ち越しはなくなった。

 阪神の先発・メッセンジャーは二回、ソフトバンク・ペーニャの中前適時打で先制点を許し、五回は細川の左翼フェンス直撃の適時二塁打で追加点を奪われた。

 打線はソフトバンク先発の大場に6回1安打9三振無得点。七、八回は岩崎に抑えられ、九回は森福に対して2死一、二塁からブラゼルの中前適時打で1点差と迫り、なおも一、三塁としたが、最後は代打・関本が打ち取られた。

 ソフトバンク・大場は今季初先発で初勝利。「1イニング1イニング攻めの姿勢で投げた。タイガースファンの応援を逆に力に変え、気持ちを込めて投げました」と話した。
(デイリースポーツ)

6/10() 交流戦 神 1 − 2 ソ (甲子園)
  打 マートン 1 0 0 (8三ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

11安打も1点 5割復帰ならず
11安打も1点 5割復帰ならず

 「阪神1‐6オリックス」(9日、甲子園)

 阪神は11安打を放ちながら、わずか1得点。5割復帰はならなかった。先発の能見は5回8安打4失点で5敗目(4勝)を喫した。

 連打が出ない阪神打線。0‐6の六回1死一、三塁、ブラゼルの中前適時打でやっと1点を返した。九回には1死満塁の好機を迎えたが、決定打が出なかった。

 能見は初回、バルディリスに先制タイムリーを許し、四回には斉藤の右前適時打で2点目を失った。五回にはスケールズに左越え2ランを被弾。その裏の打席で代打を送られた。

 オリックスは先発の金子が7回1失点で3勝目(3敗)。
(デイリースポーツ)

6/9() 交流戦 神 1 − 6 オ (甲子園)
5 (右) マートン 5 1 0 (1三振/3三振/6中安/8遊直/9遊ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(0)

金本の逆転3ランで勝利
金本の逆転3ランで勝利

 「阪神3‐1オリックス」(8日、甲子園)

 阪神が金本の劇的な3ランで逆転勝利を飾った。

 試合開始前から降り続く雨の中、1点を追う七回1死二、三塁で、金本がオリックス・平野から右翼席へ劇的な逆転3号3ランを放った。

 雨粒に濡(ぬ)れながらのお立ち台。金本は「あそこでホームランとは想像もしなかったですが、一番いい結果が出て良かったです。最高の当たりでした」と切り出した。続いていつもの“新井いじり”に移ると、「新井(貴)選手のインコースにすごく危ない球がきていたので、何とかかたきを取ってやろうとは…全く思っていませんでした」と本音とジョークを混ぜた。

 甲子園での今季初アーチにわくスタンドに向かい、「なかなか結果が出なくて苦しんだが、本当に今日は良かった。今日はこんな雨の中で、雨に濡(ぬ)れながら最後まで見ていただき、勝ちゲームになって良かったです。ありがとうございました」と礼を述べるアニキには、盛大な拍手が贈られた。
(デイリースポーツ)

6/8(金) 交流戦 神 3 − 1 オ (甲子園)
今日のヒーロー(金本)

5 (右左) マートン 4 1 0 (2三ゴ/4一直/6中安/7中飛)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

マー君に完投負け
マー君に完投負け 安藤3敗目

 「楽天8‐3阪神」(6日、K宮城)

 阪神が楽天・田中に完投で敗れた。

 初回、鳥谷の適時打で先制したが、三回に先発・安藤が1死から3連打され、内野ゴロで同点。さらに鉄平の左中間三塁打で2点を奪われ逆転された。安藤は五回にフェルナンデスに2号2ランを打たれ、4失点で3敗目(2勝)を喫した。

 六回には2番手の久保が2点を失い、七回は右翼・田上の失策から1点を追加された。

 楽天・田中は4月19日以来の3勝目(2敗)、腰痛から復帰後の初勝利に、「ご迷惑をおかけしました。きょうはタイガース・ファン、イーグルス・ファンのどちらも多く、やっている選手もプレーするのが気持ちよかった。野手の方々に点を取ってもらい楽に投げられました」と話した。
(デイリースポーツ)

6/6(水) 交流戦 楽 8 − 3 神 (Kスタ宮城)
5 (左) マートン 4 0 0 (1二ゴ/3三振/6遊ゴ/8二ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

金本先制弾、ブラゼルが勝ち越し打
競り勝ち連敗止めた!金本先制弾、ブラゼルが勝ち越し打

 「楽天1‐3阪神」(5日、K宮城)

 阪神が競り勝ち連敗を2で止め、借金1に戻した。1‐1の九回1死で、代わったばかりの青山からマートン、新井が連続四球を選び、続くブラゼルが右前に勝ち越し打を放った。さらに2死満塁とすると平野が有銘から押し出し四球を選んだ。

 四回1死から金本の右越え2号ソロで先制点。したが、七回に同点に追い付かれていた。先発の岩田は8回1失点で4勝目。岩田は「ふがいないピッチングが続いていたので、どうしたら勝てるのか考えながら日々過ごしていた。開き直って思い切り投げることだと。(きょうは)真っすぐが良かったと思うので、他のボールも効いてくる」と振り返った。

 楽天は七回1死二塁から中島の中前に同点適時打を放った。先発美馬は7回1/3を1失点と好投したが、九回1死から投入した青山が誤算だった。
(デイリースポーツ)

6/5(火) 交流戦 楽 1 − 3 神 (Kスタ宮城)
今日のヒーロー(岩田)

5 (左) マートン 3 0 0 (2二ゴ/4一ゴ/7一直/9四球)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(3)  trackbacks(4)

ブラゼルが来日初のサヨナラ打
ブラゼルが来日初のサヨナラ打

 「阪神2‐1ロッテ」(31日、甲子園)

 阪神がサヨナラ勝ちで勝率を5割に戻した。

 同点の九回、ロッテの抑え、薮田から先頭の金本が四球で出塁(代走・田上)。続くマートンの左前打で無死一、三塁。関本の三ゴロで1死二、三塁後に、ブラゼルが自身来日初となるサヨナラ打を右前へ運び、勝利した。

 ブラゼルは「あの場面は(規定で)次のイニングにいかないので、三振しようと思って打席に入った。ストライクに近い球なら打とうと思い、ラッキーにも(一、二塁の)間を抜けた。引き分けという野球はないと思っている。勝つために野球をやるので、引き分けとは妹にキスをするようなものだ」と、日本での初体験を表現した。

 阪神は二回2死、藤井彰が今季1号となる先制ソロを左翼ポール付近に放った。先発のスタンリッジは7回を7安打1失点。

 ロッテは0‐1の五回2死一、二塁、岡田が左前に同点適時打。新人の藤岡は7回3安打1失点だった。

 阪神は九回に登板の藤川が今季初勝利。2死から一塁走者の岡田に二盗と送球エラーで三塁へ進まれたが後続を断って、自軍のサヨナラ勝利を呼び込んだ。
(デイリースポーツ)

5/31(木) 交流戦 神 2 − 1 ロ (甲子園)
今日のヒーロー(ブラゼル)

5 (右) マートン 4 2 0 (1右飛/4右飛/7右安/9左安)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(1)

6点差を追い付いた
粘って分ける、6点差を追い付いた

 「阪神9‐9ロッテ」(30日、甲子園)

 阪神が6点差を追い付き引き分けた。一回に鳥谷の適時三塁打で1点を先制したが、先発の岩田が三回に1‐2と逆転を許すと四回も立ち直れず、この回途中6失点降板。岩田をリリーフした久保も井口に満塁本塁打を浴びる苦しい展開。

 1‐7の四回は、大和の左前に落ちる3点適時打などで一挙5得点。六回に鳥谷の適時打で1点を返し、八回に鳥谷の犠飛で1点差とすると、2死一、三塁からマートンの二ゴロが相手失策を誘い同点とした。

 ロッテは打線が活発で、四回には井口が2番手の久保から7号満塁本塁打を放った。1点差に迫られた五回には今江が1号ソロ。六回にも井口の適時打で加点した。しかし、守備の破綻で勝ち試合を落とした。
(デイリースポーツ)

5/30(水) 交流戦 神 9 − 9 ロ (甲子園)
5 (右) マートン 5 1 0 (1二直/4右安/5一邪/6二ゴ/8二ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

初の4連勝逸す
メッセ一発に沈み初の4連勝逸す

 「阪神0‐3西武」(28日、甲子園)

 阪神が競り負けて、引き分けを挟んだ連勝は3でストップ。今季初の4連勝を逃した。

 0‐0の七回、2死一、二塁から、ここまで無失点と奮闘してきたメッセンジャーが、一、三回にも安打を許している片岡に右越え2号3ランを浴びた。この回、1死一塁から、炭谷の打球を右膝付近に受けながらも、懸命の投球を続けてきたが、6回2/3を7安打、3失点で4敗目。

 打線は四回1死三塁、六回2死一、三塁の好機にいずれも新井が凡退したのが響いた。

 西武は牧田が今季初完封で3勝目。
(デイリースポーツ)

5/28(月) 交流戦 神 0 − 3 西 (甲子園)
4 (左) マートン 4 1 0 (1二飛/4右2/6二ゴ/9二ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(4)  trackbacks(4)

3連勝で5割復帰
サヨナラ勝ち 3連勝で5割復帰

 「阪神3‐2西武」(27日、甲子園)

 阪神がサヨナラ勝ちした。引き分けを挟み3連勝で勝率を5割に戻した。

 2‐2で迎えた九回1死満塁から関本が押し出しの死球で勝利した。西武・ウィリアムスの投球が体に当たった瞬間、バンザイで喜びを表した関本は、自身6度目のサヨナラ・ヒーローとなり、「長いこと野球をやっているけど、こういう形でヒーローインタビューを受けるとは…戸惑ってます。タイムリーでサヨナラ勝ちを決めるイメージを持っていたけど、押し出しもデッドボールも考えられるから、ベースに近づいていたのが良かったんじゃないかな。(能見が好投し)ピッチャーの投げる姿を見て野手が奮起するんです。(3連勝で5割復帰に)波に乗っていかないといけない。明日も必死のパッチで頑張ります」と話した。

 阪神は2点を追う三回1死二塁、平野の左前打を処理した栗山の三塁悪送球の間に1点。七回にはブラゼルが6号同点ソロを中越えに放った。

 阪神・能見が6安打12奪三振無四球の完投で4勝目(4敗)。立ち上がりの一回に2点を先制されたが、二回以降は立ち直った。
(デイリースポーツ)

5/27() 交流戦 神 3 − 2 西 (甲子園)
今日のヒーロー(関本)

4 (左) マートン 4 2 0 (2左安/4投ゴ/6三ゴ/8三安)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

マートンが3戦連続猛打賞も
マートンが3戦連続猛打賞も引き分け

 「ソフトバンク1‐1阪神」(26日、ヤフド)

 九回規定により引き分けた。

 この回、2死二、三塁のサヨナラのピンチを藤川がしのいだ。

 阪神は四回1死二塁でマートンの右前適時打で1点を先制。マートンは3試合連続の猛打賞を記録した。

 先発の安藤は7回5安打1失点。

 ソフトバンクは五回2死二塁で細川が同点の中前適時打を放った。先発の摂津は7回7安打1失点。
(デイリースポーツ)

5/26() 交流戦 ソ 1 − 1 神 (ヤフーD)
6 (右) マートン 4 3 1 (2三振/4右安/7左安/9右安)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

マートン先制打&今季1号
阪神連勝 マートン先制打&今季1号

 「ソフトバンク0‐5阪神」(25日、ヤフド)

 阪神は、マートンの先制適時打と今季1号ソロで接戦を制し、連勝した。先発スタンリッジは7回無失点で4勝目を挙げた。

 阪神が少ないチャンスを生かした。四回、金本が二塁打で出塁すると、2死からマートンの適時打で先制した。七回にもマートンがバックスクリーン横に1号ソロをたたき込んだ。八回には鳥谷の左越え二塁打で2点を追加し、試合を決めた。

 2試合連続猛打賞のマートンは「誰でも失敗することはあるけど、神様が見ていてくれるし、彼が助けてくれるから、いい形になることができる」と話した。今季初本塁打については「久しぶりね、久しぶり。ありがとう」と日本語で感謝していた。

 ソフトバンクは先発の大隣が7回4安打2失点で降板した。
(デイリースポーツ)



5/25(金) 交流戦 ソ 0 − 5 神 (ヤフーD)
今日のヒーロー(マートン)

6 (右) マートン 4 3 2 (2中安/4中安/7中本/9二飛)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(4)  trackbacks(2)

交流戦初白星
交流戦初白星 5連敗でストップ

 「オリックス2‐8阪神」(23日、京セラ)

 阪神が交流戦で今季初勝利を挙げ、連敗を5で止めた。

 この日の阪神は打線が活発。初回、新井の適時打で先制。二回は大和の適時打で追加点を奪った。七回はマートンの適時打。八回もマートン、関本ら下位打線の適時打で加点した。

 阪神・先発の岩田は5回1/3を2失点で3勝目。6点リードの九回は藤川が試合を締めた。

 連敗ストップに先制打を放った新井貴は、「なかなかうまくいかなかったけど、ちょっとホッとした、そんな試合でした」とチーム全員の気持ちを代弁した。この日は打線を組み替えての一戦。新井貴は「きょうのヒーローは全員じゃないでしょうか。(3安打の)マートンもナイスバッティング。借金はあるけど、まだまだ試合は残っているし、僕たちは優勝を目指して頑張ります」と、全国のファンに誓った。
(デイリースポーツ)

5/23(水) 交流戦 オ 2 − 8 神 (京セラD)
今日のヒーロー(新井)

6 (右) マートン 5 3 2 (1遊ゴ/3左安/5二ゴ/7中安/8中安)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

交流戦勝利なしの5連敗
零敗 交流戦勝利なしの5連敗

 「オリックス6‐0阪神」(22日、京セラ)

 阪神がオリックスの一発攻勢の前に大敗。交流戦勝ち星なしの5連敗を喫し、借金を3とした。

 阪神先発のメッセンジャーは六回、オリックス新人の川端にプロ1号となる満塁本塁打を浴び、4失点で3敗目。2番手・鶴も七回に李大浩に8号2ランを打たれた。

 打線はオリックス先発の金子に今季初完封を許した。

 19日・ヤクルト戦での満塁一掃三塁打に続き、またも満塁でヒーローとなった川端は、「ちょっと興奮しています。みんながつないでくれたチャンス。甘い球が来たら初球から積極的にいこうと思っていました」と声を弾ませた。

 今季2勝目の金子は「今日は絶対に先に点を与えないようにと意識して投げました。どこかで点を取ってもらえると思っていたが、まさか満塁ホームランとは」と新人の一発に感謝した。
(デイリースポーツ)

5/22(火) 交流戦 オ 6 − 0 神 (京セラD)
3 (右) マートン 3 0 0 (1一直/4遊併/7投直)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(3)  trackbacks(2)

攻守にブレーキで勝率5割
ブラゼル攻守にブレーキで勝率5割

「阪神1‐4日本ハム」(17日、甲子園)

 阪神が交流戦連敗で勝率5割に逆戻りした。先発の安藤は6回4失点で2敗目。三回、2本の安打と四球で1死満塁とされ、田中の二ゴロの間に1点を先制された。六回には1死一、二塁から稲葉の一ゴロをブラゼルが二塁へ悪送球し1点を失い、さらに代打・スレッジに2点三塁打を浴び、この回3失点。

 打線は五回までウルフの前にわずか2安打。六回にヒットと2四球で満塁とし、ウルフを降板させたが、ブラゼルが2番手・乾の前に三振。八回に浅井のタイムリーで1点を返し、九回は今成、代打・桧山の連打で無死一、二塁としたが後が続かなかった。

 日本ハムは六回途中無失点のウルフが3勝目。六回2死満塁のピンチでブラゼルを三振に仕留めた乾は「ボール球でいいと思っていた。スライダーでしたけど、(三振を取って)よし、と思った。勝ちの試合で投げられてよかった」と話した。
(デイリースポーツ)

5/17(木) 交流戦 神 1 − 4 日 (甲子園)
3 (右) マートン 5 0 0 (1左飛/3三振/6二飛/8一飛/9遊ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(2)

交流戦初戦落とす
スタンが粘れず交流戦初戦落とす

 「阪神1‐3日本ハム」(16日、甲子園)

 阪神が競り負けた。0‐2の六回2死から、平野が四球を選び出塁。ここでマートンが、吉川の初球を痛烈にはじき返すと右中間を真っ二つに破るタイムリー二塁打となり1点を返したが、あと一歩届かなかった。

 先発のスタンリッジは立ち上がりが不安定で6回2失点で3敗目。

 日本ハムは一回、糸井が先頭打者本塁打。三回に中田の適時二塁打で加点。2‐1の九回には小谷野の適時打で突き放した。先発の吉川は6回2安打1失点で4勝目。
(デイリースポーツ)

5/16(水) 交流戦 神 1 − 3 日 (甲子園)
3 (右) マートン 3 1 1 (1遊ゴ/4右飛/6右2/8四球)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(3)  trackbacks(3)

逆転で連勝 貯金1
逆転で連勝 貯金1

 「広島2‐6阪神」(9日、新潟)

 阪神が逆転で2連勝。貯金を再び1とした。

 阪神は0‐1の七回2死二、三塁から代打・桧山が中前へ同点打。続く鳥谷、平野、マートンまでの4連続適時打で5点を奪い一気に逆転した。

 スタンリッジは6回2安打1失点で3勝目。

 広島は六回にニックが先制の8号ソロを放ったが、先発・斉藤が七回を踏ん張れなかった。
(デイリースポーツ)

5/9(水) 公式戦 広 2 − 6 神 (新潟)
(ヒーローインタビューなし)
3 (右) マートン 5 2 2 (1中飛/4二ゴ/6左安/7左3/9一邪)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

鳥谷の決勝2ランで接戦を制す
鳥谷の決勝2ランで接戦を制す

 「広島6‐8阪神」(8日、新潟)

 阪神は3‐5の六回、浅井、藤井の連続適時打で追い付くと、平野が押し出し四球で勝ち越し。七回には同点に追い付かれたが、八回2死一塁から鳥谷が広島の5番手・ミコライオの2球目、150キロの真っすぐを右翼席最前列へ運ぶ決勝の2ランを放った。先発・久保は4回2/3を4失点で降板した。

 広島はニックが5号先制ソロ、6号ソロ、7号2ランと3連発を放つも、バリントンが5回2/3を6失点と粘り切れなかった。
(デイリースポーツ)

金本が長嶋茂雄を超える通算2472安打

 阪神の金本知憲外野手が8日、ハードオフ新潟で行われた広島戦の七回にこの日2安打目を放って、史上単独8位となる通算2472安打とした。一回に右翼線二塁打を放って、長嶋茂雄(巨人)と並ぶ通算2471安打。さらに七回には鋭いライナーで中前に運び、長嶋越えを果たした。

 金本は2日の中日戦で右前打を放って以来、11打席連続で安打が出ていなかったが、4日の巨人戦で4番を務めてからも初安打となった。

 試合は6‐6で迎えた八回に鳥谷が放った2ランが決勝点となり、記録に花を添えた。
(デイリースポーツ)

5/8(火) 公式戦 広 6 − 8 神 (新潟)
(ヒーローインタビューなし)
3 (右) マートン 5 1 0 (1投ゴ/3中安/5中飛/6遊ゴ/9遊ゴ)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(1)  trackbacks(1)

九回に粘るも追いつけず
九回に粘るも追いつけず・・・拙攻でまた借金

 「阪神1‐2巨人」(6日、甲子園)

 阪神は9安打を放ったが1点しか奪えず惜敗、再び借金1となった。

 阪神打線は初回に鳥谷、金本の連続安打などで1死満塁のチャンスを得たが、後続が倒れて無得点。その後も走者は出すものの、あと一打が出ず。九回に鳥谷の犠飛で1点を返しただけだった。先発のメッセンジャーは二回に一塁悪送球の適時失策などで2点を先制されたが、その後は粘って7回を投げ、5安打2失点で降板した。

 巨人は二回、実松の中前適時打などで2点を先制。先発の沢村は、7回2/3を投げて8安打無失点で2勝目を挙げた。
(デイリースポーツ)

5/6() 公式戦 神 1 − 2 巨 (甲子園)
3 (右) マートン 4 1 0 (1右飛/3三振/5左安/8一ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(1)

GW初勝利で勝率を5割に戻す
GW初勝利で勝率を5割に戻す

 「阪神2‐1巨人」(5日、甲子園)

 阪神が2引き分けを挟む連敗を5で止め、勝率を5割に戻した。

 阪神はゴールデンウィーク8戦目で初白星。先発の岩田は7回1失点で今季2勝目(4敗)。八回は榎田が1死満塁のピンチを招いたが、代わった筒井が好救援でしのいだ。九回は藤川が先頭のボウカーに中前打を許したが、後続を何とか抑え、7セーブ目を挙げた。

 待ちに待ったGW初勝利のお立ち台には岩田と筒井の2投手が上がり、大歓声を浴びた。岩田は「最近不甲斐ないピッチングが続いたので、きょうは粘れて良かった。(七回無死一、三塁のピンチは)絶対に抑えるしかないと、気持ちを出して投げた」と話した。

 この日最大のヒーローともいうべき筒井は1死満塁での登板場面を「開き直って自分のピッチングをするしかないと、思い切っていきました。満員のお客さんから不思議なパワーをもらいました」と振り返った。

 阪神は一回、この日1番に起用された鳥谷の右翼線二塁打から好機を広げ、マートンの遊ゴロの間に1点を先制。四回は新井の4号ソロで追加した。
(デイリースポーツ)

5/5() 公式戦 神 2 − 1 巨 (甲子園)
今日のヒーロー(岩田、筒井)

3 (右) マートン 4 0 1 (1遊ゴ/3遊飛/5中飛/8投ゴ)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

杉内に完敗、今季初の借金
杉内に完敗、今季初の借金

 「阪神0‐4巨人」(4日、甲子園)

 阪神は引き分けを挟み5連敗。今季初の借金1となった。金本を2年ぶりの4番に起用し、不調の新井を6番に降格したが、杉内の前にわずか1安打に終わった。先発の能見は6回4失点で3敗目。

 巨人は一回、村田の左前適時打で先制すると、続く二回には長野が2号2ラン。六回には村田が2号ソロを放った。先発の杉内は1安打完封でリーグトップの4勝目を挙げた。

 移籍後、初完封を果たした杉内は、「きょうは初回から満足のいく内容だった。いつも立ち上がりは悪く、治そうともしなかった。能見さんは素晴らしいピッチャーなので接戦になると思ったし、それに勝たなければと気持ちを強くした。(チームは)昨日の試合で(亀井の)劇的なホームランによる勢いをそのまま出せた」と話した。
(デイリースポーツ)

5/4() 公式戦 神 0 − 4 巨 (甲子園)
5 (右) マートン 3 0 0 (2右飛/5遊直/8遊ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

打線奮わず4連敗で勝率5割
打線奮わず4連敗で勝率5割

 「中日3‐0阪神」(3日、ナゴド」

 阪神が決定打を欠き、完封負け。2引き分けを挟み4連敗を喫した。

 先発・安藤は二回、中日・先頭のブランコに右中間席へ3号ソロを打たれ先制点を許した。

 この回さらに、1死二、三塁とされ、堂上直に右越え2点適時二塁打を打たれ試合の主導権を握られた。

 打っては前回登板でKOした雄太に7回5安打無得点。四回無死一、三塁で無得点に終わるなど、好機にあと1本が出なかった。

 GW9連戦の6試合をを終え、貯金はなくなった。4日からは本拠地・甲子園で再び巨人3連戦。和田監督は「ゼロからの再スタート。甲子園では絶対にこんな試合はできない」と話した。
(デイリースポーツ)

5/3() 公式戦 中 3 − 0 神 (ナゴヤD)
5 (右) マートン 3 1 0 (2三飛/4右飛/7左安)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(2)

榎田&球児が打たれドロー
榎田&球児が打たれドロー

 「中日2‐2阪神」(2日、ナゴド)

 阪神が2度リードを奪ったが、榎田、藤川球が打ち込まれ、延長十回で引き分けた。

 阪神打線は五回1死一、二塁でブラゼルが先制の右前適時打。四回まで完全投球を許していた中田賢から、チームに36イニングぶりの得点をもたらした。八回には同点にされたが、十回、2死一、三塁の好機に新井貴が左前に適時打を放った。

 先発は4月22日に登録抹消されたスタンリッジが中10日で復帰。7回4安打無失点に抑える好投だった。しかし、継投の榎田が八回1死一、二塁、平田に同点のタイムリーを許した。十回に一度は勝ち越したが、抑えの藤川球が1死二塁のピンチを招き、荒木に同点適時打を打たれた。

 中日は、先発・中田賢が7回6安打1失点の好投を見せたが、援護に恵まれなかった。
(デイリースポーツ)

5/2(水) 公式戦 中 2 − 2 神 (ナゴヤD)
6 (右) マートン 5 1 0 (2二ゴ/5中安/7中飛/9一直/10遊ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

31イニング無得点で3連敗
31イニング無得点で3連敗

 「中日1‐0阪神」(1日、ナゴド)

 阪神が引き分けを挟み2試合連続の完封負け。31イニング無得点と打線が沈黙した。阪神は3連敗。

 中日先発の山井の前に7回6安打。二回以降は毎回走者を出したが、要所を締められた。

 試合は両軍無得点で迎えた八回1死一、三塁に、阪神先発の久保が中日の代打・堂上剛を投ゴロに打ち取ったが、併殺崩れの間に先制点を許した。
(デイリースポーツ)

5/1(火) 公式戦 中 1 − 0 神 (ナゴヤD)
6 (右) マートン 3 1 0 (2中安/4四球/6二飛/8二ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

今季初のサヨナラ勝ち、平野が決勝打
今季初のサヨナラ勝ち、平野が決勝打

 「阪神1‐0広島」(26日、甲子園)

 阪神が今季初のサヨナラ勝ち。延長十一回、失策で2死二塁とし平野が中前にサヨナラ打を放った。

 連夜のお立ち台に上がった平野は「2日連続ですいません。ピッチャーもキャッチャーも頑張っていたので、何とかここで決めなきゃ男じゃない、と。決められてよかった。(バンザイをしたことに)あんまり表現をしないもので、たまにはしてみようかな、と。(緩い打球に)自分らしい打球だったけど、(二塁走者の)俊介がよく走ってくれました。感謝しています」と話した。

 先発の安藤は低めへの制球、キレともに抜群で、的を絞らせず9回4安打無失点の好投。九回には1死一、三塁の危機を招いたが、ニック、広瀬を連続空振り三振に取った。延長十回は藤川が三者凡退。十一回は3番手の榎田が2死二、三塁の危機をしのぎ今季初勝利。

 広島は抑えのサファテが打たれ2敗目。
(デイリースポーツ)

4/26(木) 公式戦 神 1 − 0 広 (甲子園)
今日のヒーロー(平野)

1 (右) マートン 5 1 0 (1二ゴ/4右飛/6中2/8三振/11一ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

広島を完封 久保が7回無失点
広島を完封 久保が7回無失点

 「阪神5‐0広島」(25日、甲子園)

 阪神は先発・久保が7回2安打無失点で2勝目を挙げ、好継投で広島に完封勝ちした。

 打線は初回、平野の安打などで2死一、二塁とし、ブラゼルが適時打を放って先制。続いて金本のタイムリーで2点目を加えた。五回には、マートンが三塁打で出塁し、平野がこの日3本目となる安打で1点を追加。続いて1死二、三塁とすると、江草のボークで加点。さらに満塁機を作り、代打・城島の犠飛で1点を加えた。

 和田監督は「昨日のこと(完封負け)があったので、打撃陣に気合が入っていた。恵一(平野)がしっかり塁に出てチャンスを作り、返す場面でもよくやってくれた。鳥谷もバントを使わずに、つないでくれた。2人とも守備でもよくやってくれた。5点取りましたけど、守り勝ちかな」と快勝を振り返った。

 広島は打線が沈黙し、七回2死満塁の好機も無得点。先発の大竹は4回1/3を8安打5失点と崩れた。
(デイリースポーツ)

4/25(水) 公式戦 神 5 − 0 広 (甲子園)
今日のヒーロー(久保、平野)

1 (右) マートン 5 1 0 (1二ゴ/2二ゴ/5右3/6中飛/8二併)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(1)

マエケン打てず完封負け
マエケン打てず完封負け

 「阪神0‐1広島」(24日、甲子園)

 阪神が広島・前田健の前に8回2安打と抑えられ、完封負けを喫した。

 前田健は今季3勝目。阪神は九回1死から鳥谷が広島の抑え・サファテから左中間へ二塁打を放ったが、後続の新井貴が一ゴロ、最後はブラゼルが三振に倒れた。

 阪神先発のメッセンジャーは七回まで1安打0点に抑えたが、八回1死から広島の3年目・堂林に中堅へ今季1号ソロを打たれ、先制点を許した。

 阪神は前田健から六回1死までノーヒット。初ヒットとなった平野の打球は幸運な内野安打。七回先頭の新井貴の二塁打も中前の詰まった打球を外野手がそらすなど、快音が聞かれなかった。
(デイリースポーツ)

4/24(火) 公式戦 神 0 − 1 広 (甲子園)
1 (右) マートン 4 0 0 (1中飛/3三ゴ/6右飛/8三振)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

接戦を制し、首位を守る
接戦を制し、首位を守る

 「阪神4‐3ヤクルト」(19日、甲子園)

 阪神がシーソーゲームを制し、首位を守った。

 1点を追う阪神は二回無死二、三塁から、マートンの右前適時打と金本の併殺打で2点を奪い逆転。

 再び1点を追う形となった六回には、2死一、二塁から、マートンが逆転の2点適時二塁打を放った。

 安藤は6回を7安打、3失点で今季2勝目。筒井、榎田とつないで九回は藤川が締めて6セーブ目を挙げた。

 ヤクルト・石川は6回7安打4失点で降板した。

 試合後のお立ち台には打のヒーロー、マートンとともに、七回を完璧に抑えた2番手投手の筒井が上がった。筒井は「(お立ち台は)初めてです。最高です。信頼して使ってもらえ、自分の力を信じてマウンド上で勝負してます」と、感激の面持ちで話した。

 再々逆転のヒーロー、マートンは、すっかり板に付いた関西弁で「(来日3年目の状態は)まあまあ。ぼちぼちでんなあ」とおどけて場内から大歓声。チームは首位を守り、「もういっちょおねがいします。おおきに」と、続けざまにファンを喜ばせた。
(デイリースポーツ)

4/19(木) 公式戦 神 4 − 3 ヤ (甲子園)
今日のヒーロー(筒井、マートン)

6 (右) マートン 3 2 3 (2右安/4二ゴ/6右2)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(1)

今季初の逆転負け
今季初の逆転負け

 「阪神2‐3ヤクルト」(18日、甲子園)

 阪神が今季初の逆転負けでヤクルトに初黒星。

 初回に1点を奪い三回に新井の中前適時打で追加点を挙げたが、その後は沈黙した。

 久保は7回6安打3失点。六回に川端の右前適時打などで逆転を許した。

 打線はヤクルト・館山に8回6安打2得点で今季初勝利を献上。九回はバーネットに抑えられた。
(デイリースポーツ)

4/18(水) 公式戦 神 2 − 3 ヤ (甲子園)
6 (右) マートン 4 1 0 (2一ゴ/4三振/6右安/9三ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

メッセンジャーが来日初完封
メッセンジャーが来日初完封

 「阪神4‐0ヤクルト」(17日、ほっと)

 阪神が連敗を2で止めた。メッセンジャーは来日3年目で初完封を飾った。球威、制球とも安定したピッチングだった。打線は四回、ブラゼルの4号左越え2ランで先制。七回2死満塁でマートンの中前適時打で2点を追加した。メッセンジャーは「本当に気持ちいい。ヤクルト相手に完封というのがうれしい。前回やられていたので倒したい相手だった。小宮山がいいリードをしてくれたし、野手のみんなもよく点を取ってくれた」と話した。

 ヤクルトは先発のロマンが四回、2ボークと自滅した。
(デイリースポーツ)

4/17(火) 公式戦 神 4 − 0 ヤ (ほっと神戸)
今日のヒーロー(メッセンジャー)

6 (右) マートン 4 3 2 (2遊ゴ/4右安/6右2/7中安)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(4)  trackbacks(0)

和田監督、46歳山本昌に脱帽
和田監督、46歳山本昌に脱帽

<阪神0−3中日>◇15日◇甲子園
 阪神が今季初の連敗を喫した。初回2死から中前打で出た鳥谷が暴投で二塁に進んだが、新井が遊ゴロ。その後は中日先発・山本昌に手も足も出ず。8回2死から四球と代打・新井良の中前打で一、二塁の好機をつくったが、代打・関本が左翼への大飛球に倒れた。9回も岩瀬に抑えられ、今季初の完封負け。和田豊監督(49)は「山本昌はタイミングも取らせてもらえない。バッティングをさせてもらえなかった」と老練な投球に脱帽した。
(日刊スポーツ)

4/15() 公式戦 神 0 − 3 中 (甲子園)
6 (右) マートン 3 0 0 (2二ゴ/5右飛/8右飛)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

初回6失点で連勝ストップ
初回6失点で連勝ストップ

 「阪神4‐7中日」(14日、甲子園)

 阪神先発のスタンリッジが不調。初回に中日打線につかまり、4連勝はならなかった。単独首位は変わらない。

 スタンリッジは一回、先頭の大島、2番・荒木、3番・森野までに3連続長短打を浴びていきなり2失点。さらに四死球を与え、アウトを挟みながらも適時打を許す乱調ぶりで、いきなり6点を失った。

 阪神も一回裏1死一、二塁から新井貴が左越え適時二塁打を放ち2点。二回にも大和の適時打で1点を返すなど、反撃ムードは高まった。しかし、4点を追う七回の攻撃も2死満塁で鳥谷の中前適時打が出た後、新井貴が三振に倒れた。

 阪神は三回から2番手で登板した鶴が六回まで中日に得点を与えなかったが、試合がこう着した5イニング目の七回に押し出し四球で追加点を許した。

 阪神打線も中日の2番手・田島に三回以降は六回まで無得点。九回は抑えの岩瀬に締められた。
(デイリースポーツ)

4/14() 公式戦 神 4 − 7 中 (甲子園)
6 (右) マートン 4 0 0 (1三ゴ/3投併/6中飛/8三振)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(3)

引き分け挟み3連勝、能見が2勝目
引き分け挟み3連勝、能見が2勝目

 「阪神3‐1中日」(13日、甲子園)

 阪神が引き分けを挟んで3連勝。0‐1の一回に新井の犠飛で同点に追い付くと、四回には金本の中前適時打で勝ち越した。六回には平野の中前適時打で加点した。能見は先制されながらも8回1失点で今季無傷の2勝目。昨シーズンからの連勝を6に伸ばした。九回は藤川球が3四死球と制球に苦しみながらも締めた。能見は「甲子園で勝てることが何よりもいいのでよかった。(九回、球児の招いた危機は)いつも助けられているので大丈夫と思っていました」と話した。

 中日は打線が二回以降沈黙。先発の山内は6回3失点で今季初黒星。
(デイリースポーツ)

4/13(金) 公式戦 神 3 − 1 中 (甲子園)
今日のヒーロー(能見)

6 (右) マートン 4 2 0 (1遊ゴ/4中安/6中安/8中飛)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

桧山のラッキー同点打でドロー
桧山のラッキー同点打でドロー

 「広島1-1阪神」(12日、マツダ)

 阪神が代打・桧山の適時打で同点とし、延長10回で引き分けた。

 阪神は走者を出しながら前田健の粘投に封じられていた。しかし七回2死一、二塁、代打・桧山の、止めたバットに当たったボールが梵のグラブに当たって中前に落ちる、ラッキーな安打で同点。延長戦に持ち込んだ。先発の安藤は6回2安打1失点と好投。筒井、渡辺、榎田、藤川球とつないだ。

 広島は二回、堂林のプロ初打点となる適時打で先制。前の試合でノーヒットノーランを達成した前田健は引き続き好調。7回7安打1失点だった。
(デイリースポーツ)

4/12(木) 公式戦 広 1 − 1 神 (マツダ)
6 (右) マートン 4 1 0 (2遊併/5捕邪/7中安/9右飛)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(0)

単独首位 藤川が通算200S
単独首位 藤川が通算200S

 「阪神4‐1広島」(11日、マツダ)

 阪神が今季初めて単独首位に立った。

 4番・新井が一、三回に2打席連続となる2、3号2ラン。

 今季初登板の久保が八回2死まで1点に抑え、1勝目。九回は藤川が三者三振に抑え、自身通算200セーブを達成した。岩瀬、高津、佐々木、小林雅に続き、史上5人目。

 藤川は「(200セーブは)僕だけの数字じゃなく、チーム全体の数字。昨日、藤井さんがデッドボールでチームを離れ、今日は小宮山がどういうリードをするかサポートしようと思ったが、こんないいゲームになり、小宮山もまた頑張ってもらえるだろう。今年はキャプテンをいただいて、1回も抜くことができない」と、自分の記録よりも、現在のチーム状態を喜んだ。
(デイリースポーツ)

4/11(水) 公式戦 広 1 − 4 神 (マツダ)
今日のヒーロー(藤川)

6 (右) マートン 4 1 0 (2右安/4遊ゴ/5捕邪/8三振)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(5)  trackbacks(1)

阪神打線が爆発、中日と同率首位に
阪神打線が爆発、中日と同率首位に

 「阪神10‐2広島」(10日、マツダ)

 雨の中、阪神打線が爆発、15安打10点で好調・広島を破った。

 阪神は、この日巨人と引き分けた中日と勝率・714で並び、同率首位に立った。

 阪神は初回、ブラゼルが先制2点打。三回は5連打を含む6安打で4点を追加した。六回には新井の2点二塁打でダメを押した。

 阪神・先発のメッセンジャーが7回2失点で今季初勝利。メッセンジャーは「雨の中でも一生懸命投げられた。自責1は自分に満足している。早い段階でリードをもらえたので助けられた。(藤井の死球は)良くないことだったが、これから彼のためにも、みんなで全力で頑張りたい」と、喜びをかみしめた。

 広島は6連勝でストップ。先発・大竹は二回に藤井への死球で危険球退場。緊急リリーフした篠田も崩れた。
(デイリースポーツ)

4/10(火) 公式戦 広 2 −10 神 (マツダ)
今日のヒーロー(メッセンジャー)

6 (右) マートン 4 1 0 (1遊併/3左安/4遊ゴ/6中飛)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(1)

巨人に今季初黒星
巨人に今季初黒星

 「阪神1‐5巨人」(8日、甲子園)

 阪神が巨人の2年目、プロ初登板の宮国を打ち崩せず、巨人に今季初黒星。連勝は3で止まった。

 阪神は5点を追う七回、新井の右前適時打で1点を返した。先発の岩田は制球が甘く4回を投げ9安打4失点。

 巨人の連敗は5でストップ。一回2死からの3連打で32回ぶりに得点し波に乗った。プロ初登板の先発・宮国が7回1失点で初勝利。
(デイリースポーツ)

4/8() 公式戦 神 1 − 5 巨 (甲子園)
6 (右) マートン 4 0 0 (2二ゴ/5三ゴ/7一飛/9遊ゴ)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(4)  trackbacks(3)

阪神が3連勝!巨人に連夜の完封!
阪神が3連勝!巨人に連夜の完封!原Gは31イニング連続無得点

 「阪神1‐0巨人」(7日、甲子園)

 阪神が連夜の完封劇で巨人に連勝し、5日のヤクルト戦から3連勝を飾った。

 阪神は初回、先頭・平野の中前打を皮切りに、敵失と盗塁などで1死二、三塁とすると、新井の三ゴロの間に先制点を奪った。

 先発・スタンリッジは最速149キロ直球とスライダーを軸に、6回を3安打、無失点で2勝目。七回を筒井、八回を榎田が無安打に抑え、九回を藤川が締めた。

 巨人は31イニング連続無得点で5連敗。先発の杉内は7回を3安打、7連続を含む12三振を奪いながら、初回の不運な1失点で1勝1敗とした。
(デイリースポーツ)

平野が33歳バースデー・ヒット

 「阪神‐巨人」(7日、甲子園)

 33歳の誕生日を迎えた阪神・平野内野手が初回、杉内から中前打を放った。

 次打者・大和との間で敢行したバスターエンドランが敵失を誘い、無死一、三塁。鳥谷は三振に倒れたが、大和が二盗に成功した1死二、三塁から、新井の三ゴロの間に3試合連続となる先制点を奪った。
(デイリースポーツ)

4/7() 公式戦 神 1 − 0 巨 (甲子園)
今日のヒーロー(スタンリッジ)

6 (右) マートン 3 0 0 (2三振/4右飛/7三振)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(1)

能見、巨人に2安打10K完封勝ち!
能見、巨人に2安打10K完封勝ち!

 (セ・リーグ、阪神3−0巨人、1回戦、阪神1勝、6日、甲子園)阪神・能見が巨人打線に2安打しか許さず、10奪三振。本拠地・甲子園開幕戦で、今季初勝利を完封で飾った。

 4月上旬とは思えない底冷えの聖地開幕戦でGキラーの力投が光った。能見が、緩急自在の投球で巨人打線を手玉にとった。

 「やりにくさはないけど、新外国人と対戦していないし、そこがどうかなと。でも、やることは変わらないんで」

 冷静に臨んだ宿敵との対決。一回。先頭の坂本に四球を与えると、続くボウカーに捕前犠打を決められ、早くも得点圏に走者を背負った。だが、ポーカーフェースが代名詞の男は表情ひとつ変えない。昨季、阪神戦にめっぽう強かった長野を低めのフォークで空振り三振。「(4番の)阿部さんはいい打者なんで、走者をためて回さないようにしたい」と警戒していた主砲・阿部もチェンジアップでタイミングを狂わせ、投ゴロに仕留めた。

 いきなりのピンチを無失点でしのぎ、ここからは相手先発・沢村と息詰まる投手戦を展開した。二回を3者凡退に打ち取り、四回は2三振を奪った。五回にこの日、2度目の先頭打者を許しても、女房役との息ピッタリの投球で切り抜けた。無死一塁で小笠原を空振り三振にとり、同時に高橋由の二盗を捕手・小宮山が阻止して、ダブルプレー成立だ。後続も断ち切ると、直後に打線が1点を先制してくれた。

 マウンドの能見が、充実の表情で投げ続けた。
(サンケイスポーツ)

4/6(金) 公式戦 神 3 − 0 巨 (甲子園)
今日のヒーロー(能見)

6 (右) マートン 3 2 0 (2二飛/5中安/7右安)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(7)  trackbacks(4)

0-5から執念スクイズでドロー
0-5から執念スクイズでドロー

 「ヤクルト5‐5阪神」(4日、神宮)

 阪神は3回までに5点をリードされたが、八回に追いつき引き分けた。

 阪神は、先発のメッセンジャーが乱調で3回5安打5失点で降板。しかし、四回に新井貴の1号、五回には平野の適時打で追撃。そして八回、まずはブラゼルが、ヤクルト・増渕から打った瞬間に本塁打と分かるバックスリーン越えの特大弾で、1点差。さらにマートン、金本の連打などで1死二、三塁とし、俊介のスクイズで同点に追いついた。九回は藤川球が登板し、無失点だった。

 ヤクルトは1点リードの三回、押し出し四球と宮本の右前適時打などで4点を追加したが、その後は抑え込まれた。
(デイリースポーツ)

4/4(水) 公式戦 ヤ 5 − 5 神 (神宮)
6 (右) マートン 4 2 0 (2二ゴ/5中安/6中飛/8中安)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(1)

金本、今季初安打が1号2ラン
金本、今季初安打が1号2ラン

 「阪神2‐6DeNA」(1日、京セラ)

 阪神の金本知憲外野手が今季1号2ランを放った。0‐6で迎えた七回、先頭の城島が中前打で出塁。続く金本が、DeNA先発・三浦の136キロのカットボールを完ぺきにとらえた打球が右翼席に突き刺さり、今季初安打が本塁打となった。

 しかし、チームの得点はこれだけに終わり、今季初黒星を喫した。九回、先頭で打席に立ち空振り三振に倒れた金本は悔しそうだった。
(デイリースポーツ)

4/1() 公式戦 神 2 − 6 ディ (京セラD)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(1)

和田阪神初勝利
新井「気合全開」逆転二塁打!和田阪神初勝利

 (セ・リーグ、阪神3−2DeNA、2回戦、阪神1勝1分、31日、京セラドーム)阪神がワンチャンスをモノにし、和田監督が2戦目で初勝利を挙げた。

 阪神は五回までスタンリッジの1安打に抑えられてきたDeNA先発のブランドンを六回に攻略。一死から代打の新井良が死球、平野四球で一、二塁とし、大和が左線への適時打。2番手の篠原から鳥谷が四球を選び満塁とし、新井が左越えの二塁打を放ち逆転した。

 八回、3番手の榎田が無死一、二塁のピンチを招くも、金城バント失敗、森本遊ゴロ、代打・ラミレスを二飛で切り抜けた。

 九回は開幕戦で救援に失敗した藤川球児が、先頭の代打・下園に四球を与え、鶴岡の犠打で一死二塁。しかし梶谷を空振り三振。石川を投ゴロで、締めくくった。

 決勝打の新井は「最高にうれしいです。死球あり四球ありでお膳立てしてくれて、気合全開で(打席に)入りました。チャンスですし、どんどん積極的に振って行こうと思ってました。本当にホッとしました。今日のファンのみなさんにより喜んでもらえる場面でたくさん打ちたいと思います」とお立ち台で今季の活躍を誓った。
(サンケイスポーツ)

3/31() 公式戦 神 3 − 2 ディ (京セラD)
今日のヒーロー(新井)


 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(1)

和田阪神引き分け発進
球児が打たれる、和田阪神引き分け発進

 (セ・リーグ、阪神5−5DeNA=延長十回、30日、京セラドーム)九回に藤川球児が打たれ、阪神が5年連続開幕勝利を逃し、引き分け発進となった。

 阪神は初回、鳥谷の犠打で1点を先制。開幕投手の能見は5回まで3安打に抑える好投も、六回に中村紀の同点二塁打、森本の2点三塁打で逆転を許した。

 しかし阪神は七回、2番手の加賀から、二死一、二塁で、能見の代打・関本が左翼席へ叩き込み逆転。しかし九回に守護神の藤川球児がラミレスに右前に落ちる適時打を許し、延長戦に突入した。

 十回表に中村紀の中犠飛で勝ち越されたが、その裏にDeNAの抑え・山口から平野が右越え三塁打。続く柴田が中犠飛を放ち、5−5の同点。鳥谷四球、新井が二ゴロ失策で一、三塁のサヨナラ機も、代打の桧山が二飛に倒れ、引き分けに終わった。
(サンケイスポーツ)

3/30(金) 公式戦 神 5 − 5 ディ (京セラD)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(2)

スタン5回6失点でオリに惨敗
虎最下位転落、スタン5回6失点でオリに惨敗

 (オープン戦、オリックス9−5阪神、24日、京セラドーム)阪神先発のスタンリッジが5回11安打6失点とメッタ打ち。4投手が16安打9失点でオリックスに惨敗した。

 スタンリッジは初回、先頭の坂口にいきなり二塁打を浴び、後藤のニゴロの間に先制点を献上。

 阪神は三回に平野の左前適時打で同点に追いついたが、スタンリッジはその裏に後藤の右前適時打で再びリードを許し、四回には駿太の二塁打で追加点を奪われた。

 さらに五回、3連打で無死満塁とされると、T−岡田の中前適時打、バルディリスの中犠飛、斎藤のスクイズで1−6とリードを大きく広げられた。

 2−8の九回、代打・桧山の中前適時打、黒瀬が二遊間を破る2点適時打で3点を返したが、10敗目(5勝)を喫し、オリックスに並びオープン戦最下位に転落した。
(サンケイスポーツ)

3/24() オープン戦 オ 9 − 5 神 (京セラD)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(1)

右翼・ブラゼル適時打2本!
虎超攻撃型打線、右翼・ブラゼル適時打2本!

 (オープン戦、オリックス3−3阪神=規定により引き分け、23日、京セラドーム)阪神がオープン戦で初めて、DHを外した。より本番に近づけたオーダーは、超攻撃的。オープン戦6度もの無得点負けを喫し、開幕へむけて何とか勢いづけたい状況。目玉は「5番・右翼」のブラゼル。そのバットが六回、チームに17イニングぶりの得点をもたらした。

 「きょうは右翼で出るよ!」

 周囲に上機嫌で話していた男の意地が詰まった打席は3点を追う六回二死一、二塁。好投を続ける先発・西にカウント1−2と有利に運ばれたが、意識を切り替え、ミート打撃にシフトチェンジ。外角低めのフォークを巧みなバットコントロールで捉えた。左前にはじき返し、チーム4試合ぶりのタイムリーだ。

 一塁・城島、左翼・金本、そして右翼・ブラゼル。守備度外視ともいえる編成は、「有事のためにキャンプから練習してきたし、そういうものを出す機会もあるかもしれない」と和田監督が備えてきたものだ。マートンの故障離脱で、開幕からいきなり「有事」となることは濃厚。加えてチームにはびこる深刻な貧打。もはや他に選択肢はなかった。

 指揮官はオーダーの組み方に関して、「球場や相手投手の関係も出てくる。予告先発を最大限に生かしていきたい」とさまざまな条件を考慮し、日替わり右翼を検討している。

 七回には左鎖骨骨折が回復した桧山がオープン戦初打席に立ち、オリックス・ミンチェに見逃し三振。

 しかし2点を追う八回、先頭の平野が中前打で出塁すると、続く柴田が中堅右へ適時三塁打。鳥谷三振、新井四球で一死一、三塁とし、ブラゼルが2本目の適時打を中前に弾き返し、同点に追いついた。

 さらに城島が左飛を放ったが、新井の代走・大和が本塁へ突入も、捕手・鈴木の好ブロックでタッチアウト。勝ち越すことはできず、引き分けに終わった。
(サンケイスポーツ)

3/23(金) オープン戦 オ 3 − 3 神 (京セラD)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

二神、4回1失点と好投
二神、4回1失点と好投

 「オープン戦、阪神0‐5広島」(21日、京セラ)

 阪神の先発・二神一人投手が4回3安打1失点と好投した。「ストレートは高かったけど、キャンプから徐々に強い球を投げられるようになってきた」と胸を張った。打線はわずか3安打で完封負けを喫した。

 広島の先発・福井優也投手は5回を1安打無失点とほぼ完璧な内容。打線は四回2死一塁から、丸が右越え三塁打を放つなど、好機で活発だった。
(デイリースポーツ)

2軍が快勝 鄭凱文、5回無失点

 「ウエスタン、中日1‐7阪神」(21日、ナゴヤ)

 阪神先発の鄭凱文は5回5安打無四球無失点。四回を除き毎回走者を背負ったが、要所を締める投球で存在感を示した。

 試合は四回に甲斐の右翼ファウルゾーンへの犠飛で先制。続く五回にも中谷、野原将の連続適時打などで3点を追加した。中日先発の小笠原は5回8安打4失点。開幕1軍入りが厳しくなった。
(デイリースポーツ)

3/21(水) オープン戦 神 0 − 5 広 (京セラD)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(1)

メッセと安藤で完封リレー
メッセと安藤で完封リレー

 「オープン戦、阪神1‐0広島」(20日、レクザ)

 阪神は六回、2死三塁から投失の間に1点を先制。この1点を守りきり完封勝ちした。

 先発のメッセンジャーは5回を3安打無失点。2番手の安藤は4回4安打無失点と、ともに開幕へ向け順調。広島は先発のバリントンが5回を2安打無失点と、抜群の制球力でほぼ完璧な内容だった。
(デイリースポーツ)

ウエスタン開幕戦は完封勝利

 「ウエスタン、中日0‐3阪神」(20日、ナゴヤ)

 阪神先発の白仁田は自身初のウエスタン開幕投手を務め、6回3安打無四球無失点と好投した。最速144キロの直球を軸にテンポ良く投げ込み1軍昇格をアピールした。

 試合は初回2死一、三塁で、森田が先制の右前適時打。八回にも1死満塁から育成・阪口が右前適時打を放った。中日はドラフト4位・辻(日体大)が先発。味方の2失策など不運も重なり、5回4安打2失点だった。
(デイリースポーツ)

3/20() オープン戦 神 1 − 0 広 (高松)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(1)

打線復調も…今度は中継ぎ陣崩壊
打線復調も・・・今度は中継ぎ陣崩壊

 (オープン戦、ロッテ6−5阪神、16日、QVCマリン)不振の打線がやっとつながったと思えば、今度は別の場所でほころび。阪神は中継ぎ陣が打ち込まれ、失策も重なってついにオープン戦最下位に転落した。

 前日までとは一転、六回に3連打を含む5長短打で、阪神は一挙4点を挙げた。しかし、八回、筒井が2安打に四球も絡んで2死満塁とされ、里崎に2点適時打。さらに四球を与えて降板した筒井は「2死から投げ急いでしまった」とうつむいた。続く渡辺も代打塀内に中前へ2点適時打を打たれ、追い打ちをかけるように、根元の一ゴロを新井貴がファンブル。5点を失い逆転された。

 昨季の平均投球回が6・04だった阪神の先発陣は今季も顔触れがほぼ同じ。八回榎田、九回藤川へとつなぐ六、七回の中継ぎ陣が課題。中でもこれまで好調だったのが筒井。「左右関係なく使っていきたい」と首脳陣は期待を寄せていたが、この日の乱調に「何とか乗り切ってほしかった」と和田監督も渋い表情だ。

 オープン戦で今季最多得点を挙げながら、最多失点での逆転負けに「さすがに気分はよくない」と指揮官。自ら言い聞かせるように「しっかりとやっていかないといけない」と何度も口にしたその表情には、開幕2週間前にして早くも疲労感が漂っていた。
(サンケイスポーツ)

3/16(金) オープン戦 ロ 6 − 5 神 (QVCマリン)
4 (右) マートン 4 1 1 (2遊ゴ/4遊ゴ/6三安/7二併)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

金本OP戦初打点&初エラー、球児はピシャリ
金本OP戦初打点&初エラー、球児はピシャリ

 (オープン戦、阪神1−3ヤクルト、14日、甲子園)阪神・金本が7番左翼でオープン戦初の守備についた。

 ところが金本は三回、二死一塁でミレッジの打球をファンブル。三塁進塁を許し失策となった。先発の二神は二死満塁とピンチを広げ、バレンティンの左前適時打で2点を先制された。

 しかし五回、新井が二塁打で出塁すると、金本がヤクルト先発の左腕・日高から右前に弾き返し、オープン戦初打点を記録した。

 五回からは2番手で藤川球児が登板し、ミレッジ、畠山を連続三振に斬って取るなど、3人でピシャリ。六回からは小林宏が登板も追加点を与え、ヤクルトに連敗した。
(サンケイスポーツ)

3/14(水) オープン戦 神 1 − 3 ヤ (甲子園)
3 (右) マートン 2 0 0 (1四球/4右飛/6右飛)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

安藤また好投!打線はロマンに沈黙
安藤また好投!打線はロマンに沈黙

(オープン戦、阪神0−1ヤクルト、13日、甲子園)昨年1試合の登板にとどまった阪神・安藤が、先発で5回を投げ3安打3奪三振で無失点。前回のソフトバンク戦(4回無失点)に続いての好投で、先発ローテ入りへ大きくアピールした。

 五回、先頭の相川に中前打。犠打と上田への四球で二死、一、二塁のピンチを招いたが、田中を外角低めの直球で見逃し三振に斬って取るなど、丁寧に低めをつく投球をみせた。

 しかし打線はヤクルト先発・ロマンの前に七回までわずか3安打と沈黙。八回はバーネット、九回は昨年戦力外にした阿部健太に三者凡退に抑えられ、オープン戦9試合で4度目の零封負けとなった。
(サンケイスポーツ)

3/13(火) オープン戦 神 0 − 1 ヤ (甲子園)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

隼太あす甲子園デビュー
隼太あす甲子園デビュー試練のテスト

 聖地デビューが試練のセンター試験! 阪神ドラフト1位伊藤隼太外野手(22=慶大)が、甲子園デビューする10日のオープン戦・日本ハム戦で中堅争いテストに挑む。結果次第では11日以降、2軍の試合で経験を積むことになるかもしれない正念場。故障から復帰する柴田、俊介らと争う開幕スタメンへ、追い込みをかける。

 ルーキー伊藤隼が、10日の日本ハム戦で聖地デビューを飾る。中京大中京時代は甲子園に縁がなく、慶大2年の09年にオール早慶戦で初めて甲子園の土を踏んだが、体調不良で欠場。心躍る聖地デビューでも、やるべきことをやるだけだ。伊藤隼は浜風の確認など、年間59試合を行う本拠地の特長を頭にたたき込むつもりだ。

 伊藤隼 全部初めてなんでやらないといけないと思う。チェックというか、当然やること。やる試合が一番多いので、慣れというか適応していかないといけないかなと思う。

 激しさを増す中堅争いを勝ち抜くために、甲子園デビュー戦が試練のテストとなる。今日9日はウエスタンの教育リーグ・中日戦(鳴尾浜)にフル出場する予定。11日以降について片岡打撃コーチは「その先は1試合1試合の結果とか、先発投手とかによって変わると思う」と話した。10日の結果次第で1、2軍どちらの試合に出場するか判断されることになる。

 1、2軍の振り分け期限について同コーチは「東京遠征の最後から帰ってきて、高松、大阪が最後ぐらいになる。内容もあるけど、やっぱり結果を出さないとあかんよね」と説明。20日広島戦(高松)前後がボーダーラインになりそうだ。15日からの関東遠征までに中堅争いをリードしなければ、開幕スタメンは厳しくなる。10日からの甲子園での4試合(11日巨人戦、13、14日ヤクルト戦)が伊藤隼にとって一番の正念場となりそうだ。

 伊藤隼 1日1日ベストを尽くすというか、結果はほしいけど、結果にこだわっても仕方ない。課題をこなしてレベルアップを図りたい。

 キャンプ以降の実戦成績は12試合で34打数7安打、打率2割6厘。シュアな打撃が売りのドラ1ルーキーだが、まだ本領発揮とはいかない。前日7日の試合後には、関本とともにソフトバンク小久保と会食。「全部ためになりました」と、タカの主砲のエキスを吸収した。2000安打まであと38本とするプロ19年目の一語一句が、勝負の世界を生き抜く支えになるはず。新たな力を得て、追い込みをかけていく。甲子園デビューから開幕スタメンへ、ハヤブサが力強く羽ばたく。
(日刊スポーツ)

3/9(金) オープン戦 神 − 西 (甲子園) →雨天中止雨

本日の甲子園、今季初オープン戦は雨天中止!
明日の日ハム戦で隼太甲子園デビューです!
明日、明後日は今季初遠征&初観戦なので楽しみです!
土日はブログお休みします!

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(3)  trackbacks(0)

予告先発、臨時理事会で決定
セ・リーグの予告先発、臨時理事会で決定

 プロ野球セ・リーグは8日、東京都内のホテルで臨時理事会を開催し、予告先発制度の今季開幕からの導入を決めた。

 1日の実行委員会で議論されたが、阪神が導入への十分な議論を求めて早期導入へ慎重姿勢を見せ、継続審議となっていた。

 この日の理事会では理事長を務める中日・佐藤良平球団代表は「ポストシーズンの扱いなどで、理解を得られた」と説明。交流戦を含めた144試合で実施し、CS、日本シリーズでは行わない形となり、阪神の要望も取り入れられた格好だ。
(デイリースポーツ)

能見ら3投手が甲子園で練習

 阪神の能見篤史、岩田稔、久保康友の3投手が8日、本拠地の甲子園球場で練習を行った。

 3選手は9日からの甲子園3連戦(9日・西武、10日・日本ハム、11日・巨人)中に、今年初の対外試合に登板する予定。

 岩田は本番を想定し、甲子園のマウンドで投球練習を行った。65球を投げ、「お客さんが入ってないから(捕手まで)遠く感じた」と笑顔。「抑える、抑えない、ではなく、早く試合で投げたい」と、オープン戦初登板を心待ちにしていた。
(デイリースポーツ)

  
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

マートン2安打も阪神は零封負け
マートン2安打も阪神は零封負け

 「オープン戦、ソフトバンク1‐0阪神」(7日、ヤフド)

 阪神は先発の小林宏が4回2安打無失点と好投し、先発ローテ入りをアピールした。打線ではマートンがマルチ安打を記録した。

 ソフトバンクは新外国人の2投手が登板。先発の元大リーガー、ペニーが3回2安打無失点。2番手のベネズエラ出身、ピントも3回2安打無失点と踏ん張った。

 試合はソフトバンクが七回、阪神・2番手の小嶋から細川が適時打を放ち先制点。九回はファルケンボーグが抑えて、1点を守りきった。
(デイリースポーツ)

3/7(水) オープン戦 ソ 1 − 0 神 (ヤフーD)
3 (右) マートン 3 2 0 (1中安/4右2/6三振)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

ブラゼルまさかのランニング本塁打!
ブラゼルまさかのランニング本塁打!城島も一発

 (オープン戦、ソフトバンク2−3阪神、6日、ヤフードーム)阪神・ブラゼルと城島が、レギュラー獲りへ強烈なアピールを繰り広げた。左翼でスタメンのブラゼルが、広いヤフードームでまさかのランニング本塁打を見せれば、一塁でスタメンの城島も古巣でソロ本塁打と二塁打。さらに六回無死満塁のピンチで、松中の強烈な一塁線の打球をダイビングキャッチ。1点は失ったものの大量得点を防いだ。

 開幕へ向けての調整もいよいよ本格化していく。3−4日の高知遠征を外れていた新井貴、金本、城島、ブラゼルがラインアップに加わった重量打線。フルメンバーがそろい、戦術もシーズンをより濃く意識したものになっていく。マートンにも待望の1本が出た。

 「打撃練習のときや体調は問題ないんだけど。試合ではタイミングをとれていない。シンプルに考えようと思っている」

 一回、先頭。先発・山田からオープン戦4試合目で初安打を右前に弾き返す。前日5日の練習では、フリー打撃後に和田監督と打撃論を30分以上交わした。フォーム調整を行いながらティー打撃を黙々と繰り返し打ち続けた。昨季までの2年間、打撃コーチとして多くの意見交換を行ってきた指揮官とのやりとりが、結果につながった。

 その後、平野は投前犠打を決めるが、その後は鳥谷、新井貴が連続三振に倒れ先制点はならなかった。「5番・左翼」にはブラゼル、「7番・一塁」には城島。開幕まで一塁手争いをする2人を実戦で試していく。右ひじと左ひざの故障から復活を期すジョーは今後、全試合出場することを熱望。「この遠征は行かないとか、そういうことをいうつもりはない」。打撃感覚よりも、一塁手としての細かい守備の動き方が最大の懸案事項だ。

 均衡が破れたのは六回だ。一死から鳥谷が左中間三塁打。二死後、ブラゼルが、4番手・嘉弥真から中堅左へ大飛球。内川のグラブをかすめ、それが足に当たり転がる間に激走。107キロの巨体を揺らし、三塁を蹴ると本塁に滑り込んだ。まさかの2点ランニング本塁打にベンチは大いに盛り上がった。

 七回には城島がソフトバンク5番手の吉川から左翼席に叩きこみ、オープン戦1号。昨年5月12日、広島戦(甲子園)以来となる一発で、オープン戦は3試合連続安打で打率・571と絶好調だ。
(サンケイスポーツ)

3/6(火) オープン戦 ソ 2 − 3 神 (ヤフーD)
1 (右) マートン 3 1 0 (1右安/3左飛/5三直)

 
W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(0)

オープン戦初勝利 メッセ‐藤川リレーなど
オープン戦初勝利 メッセ‐藤川リレーなど

 「オープン戦、阪神3‐0オリックス」(4日、春野)

 阪神が5人の投手リレーでオリックス打線を完封。3連敗の後のオープン戦初勝利を挙げた。

 先発のメッセンジャーが3回無失点。初回に李大浩を最速151キロの直球で、見逃し三振に仕留めるなど球威があった。2番手の藤川は2回無失点だった。

 打線は七回、先頭の野原将の右翼線二塁打をきっかけに1死満塁とし、ドラフト1位・伊藤隼の遊ゴロ併殺崩れの間に先制。八回は林が右翼線へ適時二塁打、続く野原将も左中間を破る適時三塁打を放った。

 阪神は六、七回を二神が抑え、八回には育成選手のザラテが連日の登板。九回は久保田がマウンドに上がってゲームを締めた。

 オリックスは開幕ローテ入りを狙う先発・フィガロが4回無失点を内容で本番へ期待を持たせた。
(デイリースポーツ)

ザラテ、前日から5者連続三振

 阪神の育成選手、ロバート・ザラテ投手が4日、春野で行われたオリックスとのオープン戦に2日連続で登板し、1回を投げ3者三振に抑えた。

 八回に登板し駿太、大引を連続で見逃し三振。川端に対してはこの日最速の143キロで空振り三振に仕留めた。

 ザラテは3日のオリックス戦でT‐岡田、バルディリスから三振を奪い、これで5者連続三振。
(デイリースポーツ)

3/4() オープン戦 オ 0 − 3 神 (春野)
4 (指) マートン 2 0 0 (1三併/4三振)

藤川球児 気力一瞬 ~熱闘の46セーブ~
BBM ベースボールカードセット 2011 藤川球児「火の玉ストレート」 BOX

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

早くも2度目完封負け
早くも2度目完封負け

 [オープン戦、オリックス4‐0阪神](3日、安芸)

 阪神は2月19日の巨人戦に次いでオープン戦3試合目で2度目の完封負け。わずか4安打に抑えられた。七回、新井良、伊藤隼が連打で出塁。数少ない好機だったが生かせなかった。

 先発の鶴は5回3失点と、制球に課題を残した。育成選手のザラテは1回を3人で抑えた。

 オリックスは一回、大引の右中間2点三塁打など4安打を集中し3点。先発の中山は5回を1安打無失点と安定感が光った。
(デイリースポーツ)

金本 能見から甲子園1号

 阪神の金本知憲外野手が3日、甲子園球場で能見篤史投手を相手にした打撃練習を行い、今年の“聖地1号”を放った。 高知・安芸でのオープン戦・オリックス戦に出場しない主力選手による残留組練習。金本は、城島、新井、ブラゼルとともに、能見、スタンリッジを相手にしたガチンコの打撃練習を行った。能見を相手にした第1打席。2ボール2ストライクからの内角高め直球を右翼スタンドに運び、今年の実戦形式練習初の一発を放った。
(デイリースポーツ)

3/3() オープン戦 神 0 − 4 オ (安芸)
4 (右) マートン 3 0 0 (1一邪/4右邪/7遊ゴ)

阪神タイガース 背番号クリスタルネックレス 背番号6 金本知憲モデル
阪神タイガース 背番号クリスタルネックレス 背番号6 金本知憲モデル 特別色

W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(0)

キャンプ打ち上げ MVPは新井良太
キャンプ打ち上げ MVPは新井良太

 阪神は29日、宜野座キャンプを打ち上げた。

 和田豊監督は総括して「ここで満足することはありませんが、80〜90点ぐらい」と一定の合格点を与えた。残りの10〜20点については「オープン戦で解消して、3月30日の開幕に向かっていけるようにしたい」と“和田の考え”をさらに浸透させる意向を示した。

 キャンプMVPについては新井貴浩内野手の弟、新井良太内野手を挙げた。「声でも盛り上げてくれたし、バッティングも成長している。お兄ちゃんからポジションを奪うくらいにやってほしい」と期待を込めた。
(デイリースポーツ)

【プロ野球オーナーズリーグ】新井良太 阪神タイガース ノーマル
【ベースボールオールスターズ】新井良太 阪神タイガース レギュラー

W : murton9  タイガース【2012】  comments(2)  trackbacks(0)

和田阪神、中畑ベイに“熱さ”は勝つ
和田阪神、中畑ベイに“熱さ”は勝つ

 (練習試合、DeNA6−6阪神、28日、宜野湾)開幕戦で対戦するDeNAとの練習試合は点の取り合いとなり、6−6で引き分けた。

 今季のスローガンは阪神の「熱くなれ」に対し、中畑監督が率いる新球団は「熱いぜ」。和田監督は「引き分けだったが、声も出ていて、熱さでは勝っていた」と、負けず嫌いな一面をのぞかせた。
(サンケイスポーツ)

2/28(火) 練習試合 ディ 6 − 6 神 (宜野湾)
3 (右) マートン 2 0 0 (1中飛/3投ゴ)

【プロ野球オーナーズリーグ】新井貴浩 阪神タイガース スター
【ベースボールオールスターズ】新井貴浩 阪神タイガース レギュラー

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

非公開でサインプレー確認
非公開でサインプレー確認

 (オープン戦、中日−阪神=降雨中止、26日、北谷)阪神はキャンプ地の屋内練習場で約40分間、報道陣を締め出し、周囲のシャッターを閉め切って非公開で守備や走塁の細かいサインプレーを確認した。

 和田監督は「このキャンプで1度はやっておきたかった。(サインの)アレンジというか、去年までやってないことをやった。それ以上は言えないよ」と説明。順調に日程を消化してきた今キャンプで、雨天でも時間を有効に使って調整した。
(サンケイスポーツ)

2/26() オープン戦 中 − 神 (北谷) →雨天中止雨

V奪還!~2005年阪神タイガース全記録~
熱狂V1!~2003年阪神タイガース全記録~

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

ブラゼル、城島の調整順調
ブラゼル、城島の調整順調

 「オープン戦、ヤクルト3‐2阪神」(25日、浦添)

 阪神は2点を追う四回、1死二、三塁からブラゼル、城島の連続適時打で同点。先発ローテ入りを狙う鶴は4回を3安打2失点。

 ヤクルトは三回、上田がオープン戦1号となる先制の右越え2ランを放ち、定位置争いを一歩リードした。
(デイリースポーツ)

2/25() オープン戦 ヤ 3 − 2 神 (浦添)
3 (右) マートン 2 0 0 (1二ゴ/4投ゴ)

【プロ野球オーナーズリーグ】ブラゼル 阪神タイガース スーパースター
【プロ野球オーナーズリーグ】城島健司 阪神タイガース グレート

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

楽天投手陣から1得点だけ
楽天投手陣から1得点だけ

 「練習試合、阪神1‐2楽天」(22日、宜野座)

 楽天は一回無死満塁から阪神・小林宏の暴投で1点を先制。二回は1死三塁から内村の中前打で1点を追加した。

 先発の上園は3回を投げ3安打無失点。先発ローテ入りをアピールした。

 阪神は四回2死一、二塁から岡崎の左前打で1点を返した。先発・小林宏は3回を4安打2失点と変化球の制球に課題を残した。二番手の安藤は2回を1安打無失点に抑えた。
(デイリースポーツ)

2/22(水) 練習試合 神 1 − 2 楽 (宜野座)
3 (指) マートン 2 0 0 (1遊併/3遊ゴ)

猛虎の魂 金本知憲・新井貴浩 ~大記録への軌跡~
猛虎の要 矢野燿大 ~背番号39の輝ける軌跡~

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

オープン戦初戦Gに敗れる
阪神がオープン戦初戦Gに敗れる

 「オープン戦、巨人1‐0阪神」(19日、沖縄セルラー)

 阪神は城島が「5番・一塁」で昨年6月5日以来の先発出場。五回の第2打席で西村から中前打を放った。18日のオリックスとの練習試合では17安打18得点した打線は、この日は巨人投手陣の前に沈黙。3安打無得点に終わった。先発の小嶋は3回を4安打1失点とまずまずの投球だった。2番手の鶴は3回を1安打無失点と順調な仕上がりを披露した。

 巨人は先発した宮国が3回を無安打、無失点のパーフェクト投球で先発ローテ入りをアピールした。
(デイリースポーツ)

2/19() オープン戦 巨 1 − 0 神 (那覇)

伝統の一戦 阪神VS巨人70年史
伝統の一戦 巨人VS阪神70年史

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

18点爆勝!若虎大暴れで3連勝
和田阪神18点爆勝!若虎大暴れで3連勝

 (練習試合、阪神18−1オリックス、18日、宜野座)主力不在で若手中心の阪神が18得点と打線が大爆発し、練習試合3連勝を飾った。

 阪神は二回、オリックス先発の西から8番岡崎が左翼席に3ランを叩きこみ先制した。

 四回には2番手の伊原から黒瀬の左前適時打。上本が満塁の走者一掃となる二塁打。さらに大和が左へ2ランを放ち、この回6点の猛攻をみせた。

 五回は黒瀬の左前適時打、上本の左越二塁打で3点を追加。六回は黒瀬が満塁の走者一掃となる三塁打などで4点。八回には新井良が、左腕の前田から左翼席に2ランを放ちダメを押した。

 今季初試合のオリックスは、2番手の伊原が13失点と大炎上。三回には阪神2番手のルーキー伊藤和から無死一、二塁の好機を作るも、4番の李大浩が中飛、5番のT−岡田が空振り三振。巨人から移籍の6番・高橋信が左前に適時打を放ったが、この1点だけに終わった。
(サンケイスポーツ)

2/18() 練習試合 神 18− 1 オ (宜野座)

猛虎復活!~2005年阪神タイガース優勝への軌跡~
猛虎襲来!~2003年阪神タイガース優勝への軌跡~

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

終盤の猛攻で練習試合2連勝
和田阪神、終盤の猛攻で練習試合2連勝

 「練習試合、広島2‐6阪神」(14日、沖縄市野球場)

 1点を追う阪神は五回に無死一、二塁から田上の犠打を一塁の松山が三塁に悪送球で同点。さらに中村恭の暴投で勝ち越した。六回には久保田が松山、会沢、堂林に3連打を許し、再び同点に追い付かれる。

 しかし、七回に2死一塁から大和が左中間へ三塁打で勝ち越すと、一、三塁として上本が左前打で追加点。九回にも大和の適時打などで2点を挙げ突き放した。

 和田阪神は練習試合ながら連勝となった。
(デイリースポーツ)

2/14(火) 練習試合 広 2 − 6 神 (沖縄)

猛虎の魂2011 ~阪神タイガース 復活へのシナリオ~
猛虎の魂2010 ~阪神タイガース 平成ダイナマイト打線起動~

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)

和田監督が初陣飾る
和田監督が初陣飾る 練習試合

 「練習試合、阪神8‐5日本ハム」(12日、宜野座)

 阪神は初回に伊藤隼の中前打を皮切りに無死満塁の好機を演出すると、中谷の二ゴロ併殺打の間に先制。さらに満塁として清水、大和の連続適時打で計6点を挙げた。

 三回には新井良太が左翼越えに本塁打。特別ルールで行われた九回には2死一、二塁から伊藤隼が右前適時打を放った。

 日本ハムは二回に相手失策から3点。五回には陽岱鋼が左翼へ、八回には鵜久森が右越えに一発を放った。
(デイリースポーツ)

2/12() 練習試合 神 8 − 5 日 (宜野座)

【ベースボールオールスターズ】新井良太 阪神タイガース レギュラー
【ベースボールオールスターズ】大和 阪神タイガース レギュラー

W : murton9  タイガース【2012】  comments(0)  trackbacks(0)


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>













[輝け 八木裕][爆発寸前 新庄剛志][豪打一発 今岡誠][風の如く 藤本敦士][和製大砲 浜中おさむ][咲き誇れ虎の司令塔][核弾頭 太一郎][赤い彗星★赤星憲広]